2006年 06月 25日 ( 1 )

リュウキュウハグロトンボ♂&♀

 例年にない大雨に見舞われた梅雨が明け、盛夏がやってきた。久しぶりの沢あるき☆
f0083281_943438.jpg
f0083281_9443729.jpg異常な降雨で土砂崩れや道路の決壊、住宅の損壊など、これまでにない被害をもたらした梅雨が明け、青空が拝めるようになった。
雨続きのときは、晴れたら即、山へでかけようと思っていたのに、何かと雑用もあり、梅雨明けから数日後に沢へでかけた。
久しぶりの山なので、足取りもはずむ。リュックをしょってカメラ片手に林道から沢へ降りる。
高い木々の枝が交錯する緑の天井がなんとも心地よい。わずかなスペースから青空がみえる。ここには30度をこす外気は無く、せせらぎとひんやり涼しい空気がながれている。
リュウキュウハグロトンボがいたるところで歓迎してくれた。近づくと、すぐに移動する個体もいれば、指で触れても逃げるそぶりもみせない個体もいて、反応はさまざまである。
静かな別世界のような沢で、優しく飛び交うトンボたち。それは、神秘的なまでに美しく、森の妖精のように思われた。
[PR]
by mhidehide | 2006-06-25 10:12 | その他