「ほっ」と。キャンペーン

ミカド見参(撮影3月15日)

f0083281_2213536.jpg

 春先の三寒四温の天候が続いている。初夏を思わせる日の翌日に冬が逆戻りしたり・・更には雨で撮影が出来なかったり。庭のシークヮーサーは満開の花ざかりなので、ミカドアゲハのポイントでは、さぞかしミカド様が春の舞をご披露あそばされていると思えば、ついついお天道様へ愚痴をこぼしたくなる。
そんなモヤモヤした日が数日ほど経過した15日、上天気に恵まれTさんとミカドアゲハを求めてやんばるのポイントへ向かった。ところが現地へつくと、招かざる客・ネットマンが三名、白い採集網を振り回している!
何たるタイミング!おまけに、そこではミカンの花も満開とはいかず、ミカドの出現も期待できそうにない。
とりあえず、気温が上がるまでオキナワウラボシシジミのポイントを散策することにした。けれども、そこでも蝶影が薄く、足取りも重くなる。「ウラボシも撮れないのだろうか・・・?」と不安になってきた頃になって、ようやく、ウラボシが二、三頭出現!慌てて蝶の後を追いかけ辛うじて撮影した。その後は数か所のミカン畑を行きつ戻りつしながらネットマンともどもミカドを追いかけた。昼食を挟んで数時間も探索した結果にしては若干物足りなさはあったものの、一応の成果を上げることが出来た。
                                 ※ ↓ アオスジアゲハ
f0083281_2217582.jpg

                                 ※ ↓ クロセセリ                        
f0083281_22182296.jpg

                                 ※ ↓ シロオビアゲハ
f0083281_22194011.jpg

                                 ※ ↓ オキナワビロードセセリ
f0083281_22202297.jpg

                                 ※ ↓ オキナワカラスアゲハ
f0083281_2221069.jpg

                                 ※ ↓ タテハモドキ
f0083281_22581920.jpg

                                 ※ ↓ オキナワウラボシシジミ
f0083281_22233585.jpg

f0083281_22264453.jpg

                                 ※ ↓ ミカドアゲハ
f0083281_222842100.jpg

f0083281_22314622.jpg

[PR]
# by mhidehide | 2014-03-23 22:31 |

桜とジャコウアゲハ(撮影・1月28日)

f0083281_0212812.jpg

 今年はこれまでのところ寒い日が続いている。最高気温が20℃以上の日は例年より少なめで、最低気温10℃以下の日は数日もある。1月の気温としては例年よりかなり低めである。
それでも今日はひさしぶりの晴天。日中の気温は21℃まで上がり、かねて約束していたTさんと桜とジャコウねらいで二、三のポイントをまわった。はじめに出かけたポイントは一昨年撮影した場所だ。気温がまだ上がらない朝のためか数頭が吸蜜している程度である。桜の多いポイントならジャコウの数も多いのではと期待して他のポイントへ移動した。ところが、そこも思いのほか蝶は少ない。昼過ぎには結局、もとの場所へ戻った。気温が上がってきたためか今度は二十頭ほどのジャコウで賑わっている。ひとしきりジャコウを撮った後、川ぞいのノゲイトウの花に群がっているリュウキュウアサギマダラを私が見つけ、さらに近くの岩から垂れている蔓に10頭ほどのリュウキュウアサギマダラが止まっていいるのをTさんが見つけた。しばらくリュウアサを撮り、その後もジャコウを撮った後、帰りがけに川沿いの繁みへ降りてみた。その周辺はリュウキュウアサギマダラのねぐらとみえて、つる草や枯れ枝に蝶が鈴なりになっている。このあたりはおそらく蝶の避寒場所かもしれない。どうやら、二人で冬季の楽しみの新たなポイントを発見?! ♪
                                     ※ ↓ ジャコウアゲハ
f0083281_0224228.jpg

f0083281_0233064.jpg

f0083281_0241789.jpg

f0083281_02545.jpg

f0083281_0264283.jpg

f0083281_027384.jpg

                                     ※ ↓ オキナワビロウドセセリ            
f0083281_0281034.jpg

                                     ※ ↓ オオゴマダラ
f0083281_0301341.jpg

                                     ※ ↓ メジロ
f0083281_11989.jpg

                                     ※ ↓ シロハラ
f0083281_0322869.jpg

                                     ※ ↓ アカタテハ
f0083281_0331885.jpg

                                     ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_034072.jpg

                                     ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_0345252.jpg

f0083281_0352433.jpg

f0083281_0355513.jpg

※上記の他に見かけた蝶
 キチョウ、ウスキシロチョウ、ナミエシロチョウ、ツマベニチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、リュウキュウミスジ。
[PR]
# by mhidehide | 2014-01-28 23:59 |

謹賀新年(2013年1月3日撮影)

f0083281_22443812.jpg
 
 先月は、年末の多忙な行事等に加えて気温も低めな日が多かったため、予定していた撮影が延び延びになったあげく未遂になってしまった。年が明けての元日は息子らの家族が集い、団欒の日。二日は終日の年始回りとなったため初撮りは本日となってしまった。予報では気温は午後には22℃まで上がるものの天気はくずれる見込みである。10時ごろから晴れ間がでてきたので日差しのあるうちに何とか蝶が撮れればと思い、近場のポイントへ急いだ。気温は20℃程度で風は無く雲間には明るい青空が見える。川沿いにはベニツツバナやインパチェンス、センダングサの花が咲いていて吸蜜源も十分である。
この時期の主役・リュウキュウアサギマダラが30頭ほど飛びまわっていた。他にはツマムラサキマダラが3頭、リュウキュウミスジ2、イシガケチョウ1、シロオビ1、ウスキシロチョウ?1、ジャコウアゲハ2、ツマベニチョウ4といったところ。晴れ間が半日でもあれば、蝶の種類や数もまだ増えたと思われるが30分ほどで陰ってしまった為、正午前には早々に切り上げ帰宅となった。ともあれ、初撮りも一応の成果はあったので、まずは順調なスタートがきれて嬉しい。新たな気持ちで一日を積み重ねていきたい。
                                       ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_22453086.jpg

f0083281_2246162.jpg

f0083281_2247092.jpg

f0083281_22471987.jpg

                                       ※ ↓ インパチェンス
f0083281_22473635.jpg

                                       ※ ↓ ツマベニチョウ
f0083281_22485083.jpg

                                       ※ ↓ 民家の庭のシークヮーサー
f0083281_2254298.jpg

[PR]
# by mhidehide | 2014-01-03 22:53 |