モンシロチョウ

    草原で おさなごが嬉々として戯れるように 可愛げに飛び交うモンシロチョウ ♪
f0083281_17362131.jpg

f0083281_20403463.jpgせ ん だ ん ぐ さ の  し ろ い 花

岬 の 風 に  ゆ ら ゆ ら と

の は ら 一 面  む れ て 咲 く

し ろ い は な び ら  風 に 舞 い

ヒ ラ ヒ ラ あ た り へ  散 る 

よ う に ・・・も ん し ろ ち ょ う は  飛 び ま わ り ・・
[PR]
# by mhidehide | 2006-03-28 17:55 |

こんなときに限って・・・

昨日、南城市の斎場御嶽(セーファウタキ)を基点に周辺10キロ余の散策を楽しんだ。 
                                 ※画像をクリックすると拡大します。
f0083281_11592852.jpg

f0083281_20143221.jpg7名のウォーキング仲間が参加。ウタキでは数頭のツマムラサキマダラが鮮やかな紫の翅をみせて飛び交っている。
カメラをもってどこまでも追ってゆきたい気持ちは山々だが、そのために来たのではないので通りすがりに立ち止まってタメイキをつくのが精々。それでも、ついついみんなに遅れがちである。
モンシロ、イシガケ、オオゴマダラ、モンキ、アオスジ、ジャコウ、クロアゲハ?リュウキュウミスジ、リュウキュウヒメジャノメなどのほかに、ツマベニチョウ♂も夏場のように飛び交っていた。残念ながら幾つか撮った蝶の写真でまともに撮れたのはなかった。
けれども昼休みにエキサティングな出来事がおこった。
食後、ぼんやり立って蝶を眺めていると頭上の樹影をぬっていきなり急降下した輝くばかりの白っぽい中型の蝶。驚いてみつめていると、足元から1mほど離れた草の葉にサッととまり
一瞬後には、すばやく飛び去っていった。カメラを構えようとした矢先の出来事である。
写真でしか見たことがなく、また、時期や場所を考えても断言の憚られるところであるが、私にはその蝶がフタオチョウだったと思えてならない。
[PR]
# by mhidehide | 2006-03-26 12:43 |

リュウキュウヒメジャノメ

 山歩きの帰り、登山口を出て道路脇でMさんと休んでいるとヒョイヒョイと足元を通り過ぎた蝶がガードレールの外側にとまった。(3月15日)
f0083281_1228376.jpg

f0083281_194754100.jpgリュウキュウヒメジャノメはその日、何度となくみかけたが閉翅状態のものばかりだったので「翅を開いてくれたら撮るんだけど・・」とつぶやいたとたん、蝶はおもむろに翅を開き出した。
思わず笑ってしまい、二人ともカメラを向けた。蝶の位置はガードレールから1m弱で、おあつらえ向きの場所である。道路に膝をついてガードレールに寄りかかり、シャッターを切った。
途中、なんども翅の開閉を繰り返す蝶に、二人とも「ぁ~タノム!開いて!」「おねがい!御願いシマスッ!」と夢中で口説いていた。通りがかりの人がいたら、首をかしげていたにちがいない。

※ヒメジャノメとの相違点をご存知の方、教えてください。よろしく!
[PR]
# by mhidehide | 2006-03-24 12:46 |