<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2化のフタオチョウ(撮影・6月24日)

f0083281_17555970.jpg

前回のブログ更新後、予定していたフタオ2化の撮影が所用で延びて、ようやく24日に決行となった。
昨年の台風のせいで、フタオのホームともいうべきポイントでは今年は発生が少ないようである。
そのため、Tさんが勧める他のポイントに腰をすえて、終日移動なしでフタオに専念することにした。Tさんは急な事情で子連れを余儀なくされたということで3歳のお姫さまをご同伴。暑い日中に子連れでの撮影は無謀ではないかと気になったが、彼は、子連れは今回が初めてではないということで平然としていた。
幸い、お姫さまは人見知りもせず、私にもなついてくれたので楽しい一日を過ごすことが出来た。
その日は風もあり、暑い日中でも木陰は涼しくしのぎ易いので木陰に陣取り、時折、周辺に仕掛けたトラップを巡回しながら撮影することにした。Tさんは撮影の合間にはボール遊びをするなどお姫さまへの気配りも万全♪ときには三名で木陰をまわって蝶やセミを観たりしたので姫も機嫌を損なうことなく且つ撮影の成果も上々という申し分ない一日となった。
                                ※ ↓ フタオチョウ
f0083281_17563490.jpg

f0083281_17571064.jpg

f0083281_17573671.jpg

f0083281_175855.jpg

f0083281_17584320.jpg

                                ※ ↓ アオスジアゲハ
f0083281_17593227.jpg

f0083281_180496.jpg

                                ※ ↓ テングチョウ
f0083281_1803858.jpg

                                ※ ↓ クロツバメ
f0083281_181023.jpg

                                ※ ↓ オキナワチョウトンボ
f0083281_1813453.jpg

※上記の他に見かけた蝶
アゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、モンキチョウ、キチョウ、ナミエシロチョウ、モンシロチョウ、リュウキュウアサギマダラ、ツマムラサキマダラ、カバマダラ、ツマグロヒョウモン、アオタテハモドキ、アカタテハ、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、イシガケチョウ。
[PR]
by mhidehide | 2013-06-27 18:05 |

クロセセリの変異型(撮影6月12日)

f0083281_19531238.jpg
 
 Tさんからフタオ2化の目撃情報があり、やんばるのポイントへ同行した。
朝方、晴れていた空が8時ごろから曇り出し、さらに昼ごろ雷雨の予報もあり少し気になっていたが決行した。幸いにも予報は外れ、終日あかるい曇天のなかで順調に撮影が出来た。順路は前回同様にコノハのポイントからはじめたが、前回あれほど乱舞していたイシガケはチラホラ見れる程度。「あの頃が発生のピークだったんでしょう。」と言うTさんの言葉に私は一週間たらずの間でこうも様相がかわるものかと驚くばかり。
コノハは相変わらず数も多く、活発に飛びまわっていた。さすがコノハのホームと言うにふさわしいポイントである。ここではフタオはあらわれず、昼前に他のポイントへ移動した。ポイントへ着いてトラップを仕掛けている間にフタオ♀が1頭飛翔していた。これなら楽勝と思い、フタオがトラップに寄り付く間に弁当をひろげながら蝶のくるのを待つ。ところが食後トラップを回ってもフタオは遂に現われなかった。1頭は見れたので数日以内には期待できそうだ。
フタオこそ撮れなかったものの、この日はTさんがクロセセリの変異型を見つけるというハプニングがあった。彼は「コレは凄い!一生モンですょ!」と狂喜乱舞?一見したとき、擦れたオオシロモンセセリとばかり思っていた私は、Tさんが興奮しているのを不思議に思っていたがTさんに指摘され、はじめてクロセセリの変異型に気づいた。鱗粉の無い部分が透けており、完全に別種の蝶のよう!Tさんは30分ほども夢中になって、そのクロセセリを撮り続けていた。
                          ※↓ コノハチョウ
f0083281_19535035.jpg

f0083281_19542275.jpg
f0083281_19543576.jpg
f0083281_19552021.jpg

f0083281_19555291.jpg

                          ※↓ リュウキュウヒメジャノメ
f0083281_19565129.jpg

                          ※↓ アカタテハ
f0083281_19571718.jpg

                          ※↓ リュウキュウウラナミジャノメ
f0083281_19581094.jpg

                          ※↓ アオタテハモドキ♀
f0083281_19582814.jpg

                          ※↓ アオスジアゲハ
f0083281_19585945.jpg
f0083281_19591611.jpg

                          ※↓ モンシロモドキ
f0083281_19594480.jpg

                          ※↓ ツマグロヒョウモン
f0083281_2003579.jpg

f0083281_201960.jpg

                          ※↓ スミナガシ           
f0083281_2042369.jpg

                          ※↓ クロセセリ
f0083281_2021684.jpg

f0083281_2025556.jpg
f0083281_2034519.jpg

※上記に他に見かけた蝶
アゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、オキナワカラスアゲハ、モンキチョウ、ウラナミシロチョウ、キチョウ、ナミエシロチョウ、ツマベニチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラ、カバマダラ、タテハモドキ、ルリタテハ、イシガケチョウ。
[PR]
by mhidehide | 2013-06-13 20:04 |

梅雨の晴れ間に(撮影・5月31日)

f0083281_22101041.jpg
 
 前回の更新から2ヶ月も経ってしまった。今年は宮良長包(みやら・ちょうほう)という沖縄の作曲家の生誕130年記念音楽祭が6月22日に開催される。その演目のなかに県内の合唱団が集う200名余の大合唱があるが、私の属するコーラスグループも参加しており、3月以降、毎週1回もの練習で毎日が多忙を極めている。趣味の活動で楽しんで参加しているとはいえ、練習場所が那覇市であり、車で往復4時間もかかるので結構ハードである。そんなわけでフィールドへもついついご無沙汰してしまった。
この日はかねてからTさんと予定していたコノハの撮影がやっと実現した。なにしろ只今、梅雨のまっただ中。雨で予定が順延になり辛うじて実現したのだ。午前中は雲行きも怪しく山は中腹までガスに覆われていた。30℃を越す高温で湿度が高く蒸し暑いことこの上なし。けれど蝶さんたちにはお誂えのむきの日和とみえ、小雨をものともせず蝶が飛びまわっていた。とくにイシガケチョウの乱舞が至る所でみられた。集団吸水もそこここで見られ、最も多いところでは数十頭の吸水が見られた。
イシガケの集団が撮影中、一斉に飛び立った瞬間、二人とも蝶の乱舞のなかに立ちつくし≪凄い!蝶吹雪ですねコレは♪≫とTさんが歓声をあげたほど。
この日、お目当てのコノハチョウもポイント周辺のいたるところで数頭が活発に飛びまわっていた。
かなり多くのシークヮーサーの樹液が出ていたためか、トラップにはさほど執着する様子はなく、むしろ人間に興味を示し?全くの無警戒のまま、我々二人の帽子や肩や手に幾たびか止まり、記念撮影に応じてくれるというサービスぶり♪
昼前の1時間ほどの降水時以外は絶えずシャッターを切りまくりで久しぶりに撮影を堪能した。
                       ※↓ イシガケチョウ
f0083281_22175677.jpg

f0083281_22184795.jpg

f0083281_22192571.jpg

                       ※↓ シロオビアゲハ
f0083281_22201648.jpg

                       ※↓ モンキアゲハ
f0083281_22211459.jpg
f0083281_22213715.jpg

                       ※↓ ナガサキアゲハ♀
f0083281_22231014.jpg

f0083281_22234171.jpg

                       ※↓ ノアサガオ
f0083281_22244241.jpg

                       ※↓ ツマベニチョウ♀
f0083281_22262924.jpg

                       ※↓ ルリタテハ
f0083281_22273281.jpg

                       ※↓ クロマダラソテツシジミ
f0083281_22284318.jpg

                       ※↓ ナミエシロチョウ♀
f0083281_22295252.jpg
f0083281_22301793.jpg

                       ※↓ コノハチョウ
f0083281_22311067.jpg

f0083281_22313842.jpg

f0083281_22321869.jpg

f0083281_22343778.jpg

f0083281_2235137.jpg

※上記の他に見かけた蝶
アオスジアゲハ、キチョウ、モンシロチョウ、カバマダラ、テングチョウ、ツマグロヒョウモン、アオタテハモドキ、アカタテハ、リュキュウミスジ、リュウキュウヒメジャノメ。
[PR]
by mhidehide | 2013-06-01 22:34 |