「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

御用納め?(12月29日・撮影)

f0083281_19434595.jpg
 
 今年の年末の大掃除は(私の分担はサッシのレールの掃除とガラス拭き)月初めから毎日少しづつやってきたので余裕をもって終えることが出来た。おかげで年末のせわしさから解放され、平穏な気持ちで新年を迎えることが出来そうだ。
前回のブログ更新から昨日まで、最高気温が20℃以下の寒い日が続いた。一昨日の天気予報で今日から二、三日は気温上昇ということだったので、御用納め(今年最後の撮影)を予定していた。
カミさんが御節料理の準備に奮闘しているのを横目に、多少の気兼ねをしながら昼食後フィールドへ。
しかし、どうしたことであろうか!?気温は23℃まで上がり、風も無いというお誂え向きの日和なのに、またしても蝶影が薄い!
毎度のごとく群れをなしているリュウキュウアサギマダラさえ、たったの2頭を見かけただけでブログにUPした他には、リュウキュウミスジ1、ヤマトシジミ1、キチョウ1、ジャコウアゲハ1、ルリタテハ1という有様である。・・もっとも、夏でさえ、殆ど蝶を見かけない厄日があるので、そう驚くことではないのだが・・・。御用納めにしては淋しい結果となったが台風の後遺症?なのか桜の蕾が早くもほころびかけており、ウラナミシジミの吸蜜が撮れたのが嬉しい成果だった。
f0083281_19443251.jpg

                           ※ ↓ アカタテハ
f0083281_19445488.jpg

f0083281_19451387.jpg

f0083281_19452813.jpg

                           ※ ↓ インパチェンス
f0083281_19472122.jpg

                           ※ ↓ ウラナミシジミ
f0083281_1948359.jpg

f0083281_19483326.jpg

f0083281_19485528.jpg

                           ※ ↓ ツワブキ
f0083281_19502536.jpg

                           ※ ↓ パイプから漏れたしぶきに虹!
f0083281_19523271.jpg

                           ※ ↓ キチョウ(帰宅後、庭で)
f0083281_19545336.jpg

f0083281_19552514.jpg

[PR]
by mhidehide | 2012-12-29 19:11 |

夏日なのに・・・(12月15日・撮影)

f0083281_2110563.jpg
 
 昨日の天気予報では、今日の最低気温22℃、最高気温25℃の夏日ということだったので≪これなら生き残っている全ての蝶が活動し、大賑わいのお祭りになるのでは?♪≫と楽しみにしていた。
ところが早朝の散歩で見る空は朝焼けで赤く輝いている。朝焼けは雨と言われているので一抹の不安はあったものの気温も高いし、何とかなるだろうとタカをくくっていた。
気温自体は予報通りの夏日となったものの、天気はいまいちでパッとしない。一番の曲者は風である。昼過ぎの最も高い時間帯でも風のため、暑さは感じられず前回同様なしのぎやすい体感。
風に煽られるのを嫌っているのか、ほとんどの蝶はあらわれることもなく、やたらに時間だけがすぎてゆく。ただ一人?10頭ほどのリュウキュウアサギマダラがそこここを飛翔していた。
早いうちにと思って、コノハチョウのポイントへ移動したが、2:30頃なのにすでに山蔭になっていたので慌てて元の場所へ急いだ。
結局、撮影できた蝶は、リュウキュウミスジ、リュウキュウアサギマダラ、ジャコウアゲハのみ。(泣)
せっかくの夏日は全くの期待外れに終わってしまった。・・・
                          ※ ↓ リュウキュウミスジ
f0083281_21144714.jpg

f0083281_21203757.jpg

                          ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_21212813.jpg

f0083281_2122691.jpg

                          ※ ↓ ジャコウアゲハ
f0083281_21225790.jpg

f0083281_21233638.jpg

f0083281_21241999.jpg

※上記の他に見かけた蝶
 ツマベニチョウ、キチョウ、イシガケチョウ、ウスキシロチョウ、ヤマトシジミ、ルリタテハ、
 アカタテハ。
                           
[PR]
by mhidehide | 2012-12-15 21:17 |

陽だまりの蝶(12月13日撮影)

f0083281_1847416.jpg
 
 曇天や雨天が数日続いた後の今日は晴れ時々曇りといったまずまずの日和。日中の最高気温も21℃と上がったので、どうにか蝶が見られるのではと期待してフィールドへ向かった。
冬季の気温は1℃の違いでも蝶の活動を大きく左右する。晴天で風も無く22℃以上であればかなりの蝶がみられるが、今日のように風のある21℃という天気は微妙である。
前回と同じポイントへ着いて辺りを見渡すと、果たして蝶の姿はチラホラ。10頭ほどのリュウキュウアサギマダラの他にはジャコウアゲハ、イシガケチョウ、リュウキュウミスジ、キチョウ、ルリタテハ、ツマベニチョウなどを1~2頭みかけただけである。しかも、気温の高い時間帯に出かけたのに生憎と雲が多くなってきた。リュウアサだけ撮るのにも飽きてきたのでコノハのポイントへ移動したが、そこは山あいになっていて既に日陰になっている。蝶影も全くみあたらない。
仕方がないので麓に近いポイントの陽だまりを散策することにした。陽だまりで待っていると蝶が飛んできてしばし吸蜜や求愛行動がみられた。けれども、それほど活発な動きはない。ツマベニはたまに頭上たかくよぎるだけで全くシャッターチャンスが無かった。
帰りがけにアオタテハモドキが数頭あらわれ、ゆっくり撮らせてくれたのがせめてもの救いといったところ。
    ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_18473035.jpg

f0083281_18475825.jpg

f0083281_18482455.jpg

f0083281_18485778.jpg

                      ※ ↓ ヤマトシジミ
f0083281_18492159.jpg

                      ※ ↓ アオタテハモドキ♀
f0083281_1850057.jpg

                      ※ ↓ アオタテハモドキ♂
f0083281_18502020.jpg

f0083281_18504438.jpg
f0083281_18512849.jpg

[PR]
by mhidehide | 2012-12-13 18:52 |

師走の蝶(12月3日撮影)

ピクチャ
f0083281_18273083.jpg

師走になり、やんばるも冬モードに入った。これからは最高気温が20℃を割る日も日増しに増えてゆくことになるが、今日のところは日中の気温は23℃♪ 時々お天道様が顔を見せてくれた。気温があがり、日差しがあれば蝶は活動する。
今朝は、夏日になるかと思われるほど晴れていたので、歯の治療の予定を急きょ変更し、フィールドへ向かった。しばらく蝶さんにご無沙汰していたので心浮き立つ思いである。♪
ところが最初のポイントへ向かう途中、太陽は厚い雲に覆われてしまった。暑くなりそうだと思って麦わら帽子を持参してきたのにフィールドは陰って蝶の姿もチラホラ。空をみわたせば所々雲の切れ間から青空が顔をのぞかせている。風で雲はわずかにながれている。しばらく待つうちに雲の切れ間から強い日差しが降り注いできた。途端にどこからともなく蝶が飛翔を始める。
10分ほどもたつうちには、夏のような日差しになり、リュックを背負った背中が汗ばんできた。
最近羽化したばかりのような新鮮なテングチョウが群れている。吸蜜中、開翅してくれるので撮り放題。10数頭ほどの群れで、こんなことははじめてである。その後も普通種ながら、次々と蝶さんたちのお出ましが続いた。太陽が雲間に隠れると蝶は影をひそめるので、陽が差している間の10分~15分の間に集中して撮影した。2か所のポイントで4時間ほどの間に撮影できたのは1時間弱といったところ。それでもかなりの蝶さん達に出会えて楽しい一日だった。帰宅後に聞いた明日の天気予報によれば、明日のやんばるの最高気温は今日より一段と下がって19℃とのことである。予定を変更してフィールドへ出かけたのは大正解!♪)
                        ※ ↓ テングチョウ
f0083281_18295017.jpg
f0083281_18302192.jpg
f0083281_1830402.jpg
f0083281_1831485.jpg
f0083281_18311977.jpg

                        ※ ↓ ツマムラサキマダラ
f0083281_1833095.jpg
f0083281_18332354.jpg

f0083281_18342324.jpg

                        ※ ↓ アマミウラナミシジミ
f0083281_18354313.jpg

f0083281_183662.jpg

                        ※ ↓ チャバネセセリ
f0083281_1837177.jpg

                        ※ ↓ イシガケチョウ
f0083281_18381962.jpg

                        ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_18401056.jpg

f0083281_18403930.jpg

                        ※ ↓ リュウキュウハグロトンボ
f0083281_18412521.jpg

                        ※ ↓ ルリタテハ
f0083281_18425770.jpg

                        ※ ↓ アカタテハ
f0083281_18445240.jpg

f0083281_18442254.jpg

f0083281_18454462.jpg

                        ※ ↓ 台風後再生した花たち
f0083281_18474113.jpg

f0083281_18482553.jpg

※上記の他に見かけた蝶
アサギマダラ、アオスジアゲハ、ツマベニチョウ、リュウキュウミスジ、リュウキュウヒメジャノメ、ナガサキアゲハ♂、ツマグロヒョウモン、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、ヤマトシジミ。
[PR]
by mhidehide | 2012-12-03 18:56 |