「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

待望の1化のフタオをGET!(撮影3月24日)

 地元の蝶友・AさんやTさんは既に1化のフタオは撮影済みであり、私だけが遅れをとっている。
『夏になればフタオは撮れるのだし、そう急くこともない』とは思いつつ仲間がいい写真を撮ったとなれば自分としても撮りたくなるのが人情というもの。この日は気温22℃で数日ぶりの晴天である。Tさんからの誘いがあり勇んでフィールドへ向かった。まずはミカドやウラボシのポイントへ。ところがポイントへ着いてみると、シークヮーサーの花は盛りを過ぎ、花の散りかけた木がめだつ。ジャコウやアオスジやビロードセセリはチラホラ吸蜜しているがミカドはしばらく待っても姿をみせてくれない。とりあえずはウラボシのポイントを先にすることにした。少し風があるせいかウラボシの姿も見当たらない。結局、先日、Tさんがフタオを見つけたというポイントヘ移動。
そこではリュウキュウアサギマダラで賑わっており、アサギマダラやビロードセセリなどの蝶も活発に飛び回っていて、かなり蝶影が濃い♪ ミカン山に至るまでの道々、撮影をしながら、木の枝にトラップを置いてまわった。ツマムラやイワカワ、ウスイロコノマチョウなどもあらわれ、ついには昼前にフタオが三頭、頭上を旋回し始めた。けれども1時間ほどまってもトラップに降りる様子がみれないので、他の蝶を撮りながらトラップを置いた箇所を巡回しているとフタオ♂が一頭ひっそりトラップでお食事中!携帯でTさんに連絡するまもフタオの動きを見つめ続けていた。
やっと撮れた1化のフタオ、そのうえラッキーにも帰りがけに寄った最初のポイントでミカドやウラボシをも撮れたのである☆
                  ※ ↓ モンキアゲハ
f0083281_23302560.jpg

                  ※ ↓ ジャコウアゲハ
f0083281_23305912.jpg

                  ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_23313744.jpg

f0083281_23324876.jpg

f0083281_2333991.jpg

                  ※ ↓ イワカワシジミ
f0083281_23333264.jpg

                  ※ ↓ ウスイロコノマチョウ
f0083281_23342435.jpg

                  ※ ↓ リュウキュウハグロトンボ♀
f0083281_23352241.jpg

                  ※ ↓ フタオチョウ
f0083281_033726.jpg

f0083281_2336522.jpg

                  ※ ↓ リュウキュウウラボシシジミ
f0083281_23391963.jpg

                  ※ ↓ ミカドアゲハ
f0083281_09073.jpg

f0083281_091835.jpg

※上記の他にみかけた蝶
シロオビアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、モンシロチョウ、ムラサキシジミ、オオゴマダラ、アサギマダラ、テングチョウ、ツマグロヒョウモン、アカタテハ、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、イシガケチョウ、コノハチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、オキナワビロードセセリ。
[PR]
by mhidehide | 2012-03-26 23:42 |

遠路蝶仲間きたれども(撮影3月16~17日)

 H.P.≪蝶の傍らに≫管理人・伊藤さんらお二人のやんばる遠征に二日間ご一緒した。
事前の天気予報では16~18日は曇りや雨という生憎の天気で晴れマークが全く無い状態であった。けれども、当日になってみないとわからないという気象状況が続いていることもあり、私としては、どうにかなるだろうと呑気に構えていた。
結果は天気の方は、2日間は多少は晴れ間のある曇天、3日目は夏日に恵まれるというまずまずの天気となり、伊藤さんが期待していた蝶も一応は撮れたということで案内役の私もホット一息という結果に終わった。初日、フタオは数頭現われ『楽勝かも♪』と内心、喜んでいたのに飛翔ばかりでトラップには降りてくれず、私は証拠写真のみ、伊藤さんは飛翔写真をGET。イワカワシジミは伊藤さんが見つけてくれたものの、私は撮る前に逃げられてしまった。伊藤さんはなかなかの強運の持ち主で、夕方私と別れた後も宿泊地でバナナセセリが撮れた由である。
二日目のメイン、オキナワカラスアゲハはお約束どおり?現われてくれたので、これは楽勝。ウラボシは3頭ほど現われたものの、見失ってしまい、この日は断念した。3日目は私の都合がつかず同行はできなかったが、伊藤さんはウラボシも撮れたということである。
             ※ ↓ ルリタテハ
f0083281_23411100.jpg

                        ※ ↓ シロオビアゲハ
f0083281_23412992.jpg

                        ※ ↓ フタオチョウ
f0083281_23421886.jpg

                        ※ ↓ モンキアゲハ
f0083281_23434452.jpg

                        ※ ↓ ウスイロコノマチョウ
f0083281_23451356.jpg

                        ※ ↓ オキナワカラスアゲハ
f0083281_23465113.jpg

f0083281_23472357.jpg

                        ※ ↓ スミナガシ
f0083281_23483854.jpg

※上記の他にこの日みかけた蝶
ジャコウアゲハ、シロオビゲハ、アオスジアゲハ、ウスキシロチョウ、キチョウ、モンシロチョウ、
アマミウラナミシジミ、リュウキュウアサギマダラ、アサギマダラ、テングチョウ、ツマグロヒョウモン、アカタテハ、リュウキュウミスジ、イシガケチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、オキナワビロードセセリ。
[PR]
by mhidehide | 2012-03-25 23:49 |

二年ぶりのミカドアゲハ(撮影・3月14日)

f0083281_2056291.jpg

 久しぶりにTさんと二人でリュウキュウウラボシやミカド狙いでの遠出。
生憎の曇天だが気温は20℃を越す予報なので晴れ間があればどうにか成果は期待できそうである。
自称強運メンバーの二人なのでフィールドへ向かう車中でもウラボシやミカドに会えるのは当然のごとく楽観していた。目的地についても青空は見えない。明るい曇り空ながら、山地のためか肌寒く感じられる。「ウラボシは日差しが強い天気より、今日のような日の方を好む」というTさんの言葉に気をよくして山道を探索していると間もなく静止しているウラボシを見つけた。カメラを向けている間にも周辺では、2頭ほどのウラボシがヒラヒラ飛び回っている。これまで見慣れたウラボシより大きめなのに驚いていると春型は大きいことをTさんが教えてくれた。彼は元来研究者タイプなので観察が細かく、この日もリュウキュウヒメジャノメをみると片っ端から撮りまくり、ついにはジャノメ模様に変異のある個体を見つけ出したものだ。なんでも春先は変異型が多いということである。
一通り撮り終えた後に待望の日差しが♪ フィールドの緑が明るくなり雰囲気が一変!シークァーサーの白い花が輝き、蝶影が濃くなった。アオスジアゲハやジャコウアゲハ、オキカラなどがせわしく飛び回っている。30分ほど経つうちに「ミカド!」というTさんの興奮した声!ミカドの動きは俊敏そのもの。同じ木に留まることは少なく、2~3秒ほどで周囲の木にジャンプでもするかのように移動する。動きが目まぐるしいのですぐ見失ってしまうのだ。それでも、撮影に協力的な?個体もいてどうにか撮ることができた。
                        ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_21504794.jpg

                        ※ ↓ リュウキュウハグロトンボ♂
f0083281_21533035.jpg

                        ※ ↓ リュウキュウヒメジャノメ(変異型)
f0083281_21564631.jpg

                        ※ ↓ リュウキュウウラボシシジミ
f0083281_2158758.jpg

f0083281_21583518.jpg

f0083281_21591420.jpg

                        ※ ↓ アオタテハモドキ♂
f0083281_2202834.jpg

                        ※ ↓ オキナワビロードセセリ
f0083281_2211263.jpg

                        ※ ↓ オキナワカラスアゲハ
f0083281_22215100.jpg

                        ※ ↓ ミカドアゲハ
f0083281_1016318.jpg

f0083281_10162386.jpg

f0083281_1016405.jpg

※上記の他に見かけた蝶
ジャコウアゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、モンシロチョウ、ツマベニチョウ、アサギマダラ、テングチョウ、アカタテハ、リュウキュウミスジ、イシガケチョウ、フタオチョウ、ウスイロコノマチョウ。
[PR]
by mhidehide | 2012-03-14 22:12 |

日照不足の昨今(撮影3月13日)

 沖縄は去年から記録的な日照不足に見舞われている。曇天雨天の合間に晴天の日は指折り数えるほどしかなく今年になってからも、やんばるでは2日連続快晴という例は無い。農作物の出来も悪く農家は悲鳴をあげている。今月は遠来の蝶仲間と出かける予定もあるので、せめて その日は晴れ間があってほしいものでる。今日も晴れマークのない曇りの予報であったが朝の空模様は明るく晴れそうな印象。10時ごろには日差しもあり、そのまま晴天になるかのように思われたので所用のついでにフィールドへ寄り道した。薄曇りの空から時々陽が差すような状況ながら、まずまずの蝶影。移動はせずに、お花畑の一角で待機しながら、吸蜜に来る蝶を撮影した。昼前から空模様がおかしくなり1時間ほどで終了。
                     ※ ↓ リュウキュウヒメジャノメ
f0083281_1923488.jpg

f0083281_1925827.jpg

                     ※ ↓ リュウキュウミスジ
f0083281_1935865.jpg

                     ※ ↓ クロセセリ
f0083281_1942097.jpg
  
                     ※ ↓ アサギマダラ
f0083281_1944213.jpg

f0083281_195423.jpg
 
                     ※ ↓ オキナワカラスアゲハ
f0083281_1952966.jpg

f0083281_1955543.jpg

※ 上記の他に見かけた蝶
ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、アマミウラナミシジミ、イシガケチョウ、ウスイロコノマチョウ。
[PR]
by mhidehide | 2012-03-13 19:09 |

一抹の不安

f0083281_22839100.jpg
 
 10a.mごろ.P.C.に取り込んだ写真を整理しているとYさんからのメールが届いた。なんとネットマンがオキカラのポイントに現われたというのだ。オキカラは採集が禁止されているわけでも無いのだがこのポイントにネットマンが現れたということにはかなりのショックを受けた。
シーズン中であれば、そこでは必ずオキカラに会えるという貴重なポイントである。聖域ともいうべきポイントが採集者の知るところになれば果たして乱獲の危機に結びつかないでいられるのだろうか。そんな不安にかられながら、とりあえず、急ぎ現場に直行した。ところが私が着いたときにはネットマンの姿は無かった。Tさんの話によればネットマンはTさんと会って、しばらく話をしたあと蝶を採集することなく立ち去ったという。撮影者がカメラを向けている蝶にさえ網を振り回すネットマンがいるという話も聞くが、それにくらべれば撮影者に気兼ねをして立ち去るというのは極めて良心的といえるかもしれない。けれども、オキカラが飛び回っているのを知ったネットマンから情報が広まっていくのは時間の問題ではないだろうか。これからは、このポイントへの出入りも慎重にしていかねばと思った次第である。
午後からは他の予定があったので、しばらくの間、撮影をしてTさんと別れた。
                     ※ ↓ オキナワカラスアゲハ
f0083281_2294064.jpg

f0083281_22102855.jpg

f0083281_22105938.jpg

                     ※ ↓ クロセセリ
f0083281_22115878.jpg

                     ※ ↓ モンシロチョウ
f0083281_2221415.jpg

                     ※ ↓ アサギマダラ
f0083281_22123056.jpg

f0083281_22172896.jpg

※上記の他に見かけた蝶
ジャコウアゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ウスキシロチョウ、キチョウ、アマミウラナミシジミ、リュウキュウアサギマダラ、ウスイロコノマチョウ、リュウキュウミスジ
、イシガケチョウ、リュウキュウヒメジャノメ。         
[PR]
by mhidehide | 2012-03-05 22:14 |

春到来☆撮影3月3日

f0083281_21193556.jpg
 
 前回のブログ更新後、カメラの電源が入らないというトラブルで修理に出していたが、やっと修理が終わり一昨日、手元にもどってきた。
昨日は雨で、今日の予報も曇りとなっていたため、Tさんらと予定していた撮影は中止したのだが、今朝の空模様は明るく、雲間には青空が顔をのぞかせている♪9時過ぎごろには厚い雲も拡散して日差しも強くなってきた。カミさんは出かけており、私が昼食の準備をすることになっていたのだが、こんな日にフィールドヘ出かけない手はない!≪撮影に出かけてくる。≫とのメモを残し、あたふたとフィールドへ向かった。
このポイントへ来るのは半年ぶりである。昨秋、台風でやられたインパチェンスのお花畑は、すっかり回復し、チラホラ蝶影が見える♪しばらくの間はジャコウばかりが目についたが、そのうち本命のオキナワカラスアゲハが姿を現した。二、三頭のオキカラを夢中でおっているうちに、いつのまにかジャコウよりオキカラの方が多くなっていた。気温も22℃まであがり長袖シャツでは汗ばむほどで初夏のような陽気である。久しぶりの蝶に時間も忘れてシャッターを切りまくった。2時過ぎ、急に空模様がおかしくなり、小雨が降り出したのをしおに引き上げた。
                         ※ ↓ オキナワカラスアゲハ
f0083281_2120632.jpg

f0083281_21204269.jpg

f0083281_2121652.jpg

f0083281_21212991.jpg

f0083281_21215980.jpg

f0083281_21555281.jpg

                         ※ ↓ リュウキュウヒメジャノメ
f0083281_21232524.jpg

                         ※ ↓ ツマベニチョウ
f0083281_21235378.jpg

                         ※ ↓ ウスイロコノマチョウ
f0083281_21243392.jpg

                         ※ ↓ ウスキシロチョウ
f0083281_2125165.jpg

                         ※ ↓ アカタテハ
f0083281_21252510.jpg

※上記の他に見かけた蝶
モンキアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、モンシロチョウ、ムラサキシジミ、アマミウラナミシジミ、リュウキュウミスジ、イシガケチョウ。
[PR]
by mhidehide | 2012-03-03 21:31 |