<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

羽化チョクのフタオほか(9月19日撮影)

 9月18日、20P.M.ごろ、蝶友のAさんから携帯にメールが届いた。
《只今、例のポイントでフタオの羽化待機中》とのこと。なんと・・うら若き女性のAさん、徹夜で撮影を敢行するというのだ!そのあたりははハブの巣窟といわれており、民家からも離れていて不用心な所である。
無謀極まりないから止めるようにと慌てる私に、彼女は『大丈夫ですょ~変な人が来たら車に籠もって鍵をかけちゃいますから~♪』と、まるで聞く耳をもたない。しつこく言う私に《あたし、前にもここでやったことあるし、そん時、肝心な場面を撮り損ねたから今度はゼッタイ撮ります☆》と平然としているのだ。
翌19日はAさんを含む数名で、ヤンバル遠征を計画していたのだが、彼女曰く『それはフタオの羽化を見届けてから、遅れて合流します。』と全く屈託がない。
他の蝶仲間と連絡をとったが結局、徹夜の撮影に付き合える者はおらず、Tさんと私は19日早朝、現場で落ち合うことにした。
19日、5:30A.M。Tさんから《Aさんより連絡あり。羽化は既に終了》とのメールが届いた。私は羽化チョクのフタオが見たかったので、それでも現場へ向うことにした。急いで車をとばし、現地へ着いたのが7A.M頃。フタオはスッカリ翅も伸びきっていた。しばらくしてTさんとDさんも駆けつけ、フタオを撮ったあと周辺を散策してルリウラナミシジミやオジロシジミを撮る。
結局、この後はヤンバル遠征は止めて、中南部のポイントをまわることになった。タフなAさんも勿論、同行した。
フタオが丘では、3化のフタオが数頭、トラップに寄り付き《2化のフタオ以外はトラップに寄り付かない》というジンクスを見事打ち破ってくれた。(^^)
f0083281_1305380.jpg

f0083281_1315821.jpg

                                   ※↑羽化チョクのフタオチョウ
f0083281_1334364.jpg

                                   ※↑ルリウラナミシジミ
f0083281_1345724.jpg

f0083281_1353317.jpg

                                   ※↑オジロシジミ
f0083281_1365246.jpg

                                   ※↑タイワンクズ
f0083281_1381733.jpg

f0083281_1647078.jpg

                                   ※↑トラップに来たフタオ
f0083281_1394889.jpg

f0083281_13115783.jpg
                                          ※↑リュウキュウムラサキ
f0083281_13132835.jpg

                                   ※↑ウスキシロチョウ
                                   
[PR]
by mhidehide | 2008-09-21 13:14 |