<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

炎暑

 『今年の夏の暑さは特別だ!』
いつの頃からか、盛夏を迎えると決まってこんな会話を交わすようになってきた。暑さが骨身に応える齢になったせいであろうか。
それにしても、この頃の暑さはホントに特別に応える(^^; 沖縄は暑いところには違いないが真夏の気温はせいぜい31~32℃というのがこれまでの相場である。33℃を越すことは少なかったように思われるが今年は33℃超の日がざらだ。やはり異常な暑さには違いない。
ブログの更新も20日ほど滞っていたとは我ながら意外であった。
念願の蝶が撮れたことで、よほど気が緩んでしまっていたのだろう。せいぜい、一週間ほど更新が遅れているような感覚でいたので、改めて日付を確認して我ながら呆れてしまった。これも暑さボケのせいかもしれない(^^;
いつもは涼しげな緑の葉のツワブキも、日中は葉柄がダラリと萎れている。
庭の木陰にいても、涼風を求めることも叶わぬ猛暑が続いている。
朝夕のウォーキングでさえ、重労働の後のように汗だくになり、体中の水分がごっそり搾り取られるので、やたらに水ばかり飲んでいる。
クマゼミの合唱が猛暑ムードを更に盛り上げているが、庭のそこここで突然、息絶えたようなクマゼミの姿を見かけるようになった。
なかには木から離れた場所で、飛翔中に最後の時を迎えたようなものも見受けられる。
迷いもためらいも感じられない明快なその一生に、なにか清々しささえ覚える。
f0083281_1841386.jpg

f0083281_1843332.jpg

f0083281_18443410.jpg

f0083281_18453696.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-07-28 18:50 | その他

フタオ全開翅と豪華な脇役たち☆

 昨日、蝶友の盛田さん(沖縄生き物ウォッチング) つーさん(つー虫のブログ沖縄)と誘い合っフタオのポイントへ出かけた。
短期間の間にフタオを撮巻くっている私としては、仮に、今回、撮れなかったにしてもさほどのダメージを受けるわけではないのだが、他ののポイントより今日のポイントの方がゼッタイに良いと二人を説き伏せた手前、一抹の不安はあった。(^^;
これまで同様、午前中はトラップを仕掛け、他の蝶を撮りながらフタオの出現を待つ。
昼過ぎあたりから、ボチボチとフタオが現れ梢周辺での飛翔は見られるものの、なかなかトラップに降りてこない。多少の焦りを感じ始めた頃、1頭がトラップにとまった。その後は10箇所ほどのトラップで次々とお食事を始め、同時に別々のトラップで3頭がお食事中の場面も(^^)。そのうちにと思っていた全開翅も撮れ、この日は大成果に終った!
けれども、私にとっては、既にGETしたフタオより、これまで綺麗に撮れてなかったリュウキュウムラサキとスミナガシが現れてくれたことが何より嬉しいハプニングであった☆☆☆
f0083281_6191836.jpg

f0083281_762432.jpg

f0083281_627345.jpg

f0083281_630418.jpg

f0083281_6365285.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-07-09 06:38 |

ウスキシロチョウなど

 庭のタイワンレンギョウが咲き出すとウスキ、ウラナミ、ナミエなどのシロチョウ類がやってくる。
ジグザク飛翔のすばしっこい蝶さんなので、野外で撮るのは実に困難を極める。
私の場合は庭で撮るチャンスが多い分、接写の機会に恵まれている。なにしろ、PCのある部屋からタイワンレンギョウが見えるので、こうしてPCに向っていても蝶の動きがあればカメラを手に、10秒と経たずにシャッターが切れるのだから♪
蝶を刺激せずに、さりげなく近づく術のようなものもナントナク身についてきたような・・?
フタオに夢中になった、ここ数日の間にも、窓辺の蝶さんを撮ってきたのにブログUPするのが遅れてしまった。
露出調整がうまく出来ないので強烈な陽差しのもとで撮った画像が月夜の空を背景にしたようになってしまった。
でも、これはこれで又、気に入っているのだが・・・(^^)
f0083281_13264313.jpg

f0083281_13281319.jpg

f0083281_13291978.jpg

f0083281_1331416.jpg

f0083281_13323331.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-07-06 13:31 |

続・続々とフタオ

 一昨日、ひょっこり訪ねてきた知人のkさんから「やんばるの蝶でもと思って来たんですが、こないだブログでUPしてたフタオを見たら、私もどうしても撮りたいので!」と頼まれ、先日のポイントへ向ったのが昨日。Kさんは余程ツキに恵まれているとみえ、トラップを仕掛けて後、2時間ほど他の蝶を撮りながら戻ってみるとナント、フタオがトラップでお食事中!
先日のように、少しづつ近づき、交互にシャッターを切りながら超接近することができた。
目的のフタオも首尾よくGETしたので、午後は早めに切り上げて名護へ向かう。
時間はまだ4時前なので、コノハのポイントへ急いだ。数頭がスグに現れてくれたので、なんなくコノハもGET。ところがKさんのツキはこれだけではなかったのである。
 明けての今日は、ヤンバルの蝶を撮るため、二、三のポイントを回り、それなりに成果を収めてから、最後のポイントへ向った。
そこは、以前に私がスミナガシを目撃したところである。フタオの生息地でもあるので一応、トラップを仕掛けておいたのだが、なんと、これが大当たり!
フタオが続々とあらわれて(7頭以上)中部のポイントを上回る成果を挙げることが出来た♪
あるトラップではフタオがトリオでお食事の場面も!(生憎、トリオはボケ画像のため、どうにか見られるツーショットをUPしました。)そのうえ、表翅をチラッと見せてくれる蝶さんもいて、二人ともオツリがくるほど大満足の一日であった。
f0083281_19392466.jpg

f0083281_1940599.jpg

f0083281_12122664.jpg

f0083281_12175488.jpg

f0083281_1945359.jpg

f0083281_12201538.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-07-04 19:46 |