<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

暑い一日

 朝の天気予報では、やんばるの日中の最高気温29℃、石垣市では30℃ということであったが夫々、1℃ほど低めであったようである。
それにしても一気に数度もあがると暑くてたまらない。虫にさされないように長袖を着けているので一層、暑苦しく汗だくの散策となった。
イジュの花がいたるところに咲いている。山道をあるいていると、湿った地表で吸水しているアオタテハモドキやイシガケチョウが足元から飛び立った。UPで撮るために屈みこみ、シャッターを切ろうとした途端、ヒョイと移動する(^^;
それを二、三度と繰り返すうちに、頭上からの太陽と照り返しの熱とで、汗びっしょり。
どうにか撮り終え、木陰で私も吸水した(^^;、、路傍には真っ赤なヒギリが咲いていた。
モンシロの吸蜜を撮った後、ツマベニのポイントへ移動したが、ベニツツバナはまだ蕾のままだ。近くを飛翔している1頭を見かけただけで撮れずに終った。2時間ほどの散策だが暑さでぐったりとなってしまった。
帰宅後、何気なく庭の百合をみるとオキナワマメコガネ?が花粉にしがみついていた。
※オオゴマダラの交尾は21日に知人宅の庭で撮ったもの。
f0083281_234948.jpg

f0083281_2344815.jpg

f0083281_2354765.jpg

f0083281_2362861.jpg

f0083281_2371164.jpg

f0083281_2374720.jpg

f0083281_2383296.jpg

f0083281_2392442.jpg

f0083281_23101399.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-05-24 23:10 |

伊江島で会えたモンキチョウ☆5月20日撮影

 沖縄にも棲息しているモンキチョウに何故かこれまで会ったことが無かった。
それが思いがけなくも、昨日ウォーキングの途中でドキドキの対面が実現。場所は伊江島。
隣町の本部町からフェリーで30分ほどでゆける離島である。息子たちが小学生のころ家族で出かけて以来、20数年ぶりの地であるが道路や観光スポットが整備され、まるっきり様変わりして昔のイメージは無かった。
島には米軍通信隊や米軍補助飛行場があり、パラシュートの降下訓練などで偶に住民とのトラブルが発生する。
昨日は休日ということもあり、我々の参加したウォーキンググループの他にも島で開催されるゲートボール大会参加者、修学旅行団体、観光客などで賑わい、フェリーは3百余の定員を悠にオーバーしていた(^^;
島は、中ほどにある城山と北海岸を除けば、ほとんど平坦な地形であり、タバコ畑や牧草地が広がり、周囲を美しい海に囲まれた別天地である。
城山を降りる途中でテングチョウを見かけ、撮ったついでにカメラを手にしたまま歩いていた。
道端のセンダングサで吸蜜しているキチョウを撮ろうとカメラを向けた途端、それはモンキチョウであった。ナマツバをのみこみ、祈るような気持ちで4度シャッターを切る。
幸いにも、そのうちの1枚がどうにか撮れていた☆
f0083281_12102189.jpg

f0083281_12271245.jpg

f0083281_12125873.jpg

f0083281_1214247.jpg

f0083281_12152466.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-05-21 12:27 |

木陰づたいに山歩き

 沖縄地方は二、三日まえから梅雨に入った模様である。あいにくと雨はふらず、晴れや曇りの天気が続いている。季節は初夏とはいえ、まともに陽差しを浴びると真夏同然の感覚。
蝶は暑さに強いとみえ、元気に飛び回っているので、こちらも10時~4時ごろの時間帯に散策に出かけることが多い。
木陰づたいに景色を楽しみながら歩いていても、蝶影が目に入れば、そそくさと移動する。
ゆっくり吸蜜している蝶の場合は、とりあえずは、2~3枚を撮った後、アングルを変えて出来るだけ何度も撮り捲る。
あらかた撮り終えても逃げない場合は、どのくらいまで接近できるか試してみる(^^;
逃げられてもいいと思っているので、大胆に近づく。
ナミエやモンシロの場合は10cmくらいまで近づいても逃げない個体もいる。そんな時は接写では全体が写らない場合もあるので、部分的なUP写真を撮ってみたりして楽しんでいる。
アオスジアゲハはなかなか静止しない蝶だが、この日はいきなり他所から飛んできて竹林の方へスッと消えた。スワっッ♪とばかりに近づくと、いつものような警戒心がみられない。
どうやら蝶は休憩モードにはいったらしい。カメラが触れるほどの至近距離になってもじっとしていた。
 (撮影5月9日、5月11日)
f0083281_235672.jpg

f0083281_2356355.jpg

f0083281_23572868.jpg

f0083281_23575788.jpg

f0083281_031459.jpg

f0083281_0332825.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-05-18 23:59 |

国民投票法(憲法改正手続き法)が成立

 本日の参院本会議で自民、公明両党が提出した見出しの法が成立したことを地元紙夕刊が報じていた。(民主、共産、社民、国民新の野党四党は反対)

この法律のポイント
○この法律は憲法改正に限定した法律である。
○投票権者は18歳以上(但し、公職選挙法などの関連法の規定に必要な措置が講じられるまでは20歳以上)
○賛成が投票数の二分の一を超えた場合は承認。
○選管職ら特定公務員、公務員や教育者の投票運動を禁止する。
○テレビ等の有料意見広告は投票期日前2週間は禁止。
○施行は3年後。憲法審査会は施行まで改憲案の提出、審査は行わない。
安部首相は七月の参院選で九条改正を盛り込んだ自民党新憲法草案を軸に改憲実現を訴えていく意向だということである。(以上は琉球新報の記事の一部を引用しました。)

 世界に誇る平和憲法の改正を何故、こうも急ぐのだろうか。改正しなければ何がどう困るというのだろうか。具体的な説明や論議をぬきにして、大方の国民が吟味する間もなく進められてゆく憲法改正。武力で他国に介入し、テロ対策を口実にアフガンやイラクで戦争を始めたアメリカとそれに追随する日本や「先進諸国」。
アメリカを筆頭とするこうしたやり方を信任するか否かについてこそ、アフガンやイラクはもとより世界の国々で、一斉に国民投票をしてほしいものである。
九条を失えば、主体性のない日本は、アメリカとの軍事同盟を一層強化し、軍事国家への道を突き進むのは目にみえている。
投票率も問題にせず、投票総数の過半数だけで憲法が改正されるようなことがあっていいものだろうか。
f0083281_23532691.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-05-14 23:44

イジュ(ツバキ科)とソウシジュ(マメ科)・5月11日撮影

 ここ二、三日は五月晴れの上天気。洗濯物もカラッツと乾き、実に気持ちいい。
(カミさんが現役のため、家事の大半は私の仕事であり、洗濯物の乾き如何は私の精神衛生に極めて大きくかかわるのである。(^^;
この時期のやんばるの山は、イジュやソウシジュ、ゲットウ、デイゴなどの花が目を惹く。
昼食後、近くの山へイジュとソウシジュの花を撮りに出かけた。1時間ほどで帰ってくるつもりが山道のあちこちに展開する素晴らしいフラワーショーに心を奪われ、遂には夕方までフラフラと彷徨ってしまった。リュックを背負ってカメラを持ってなければ、サゾヤ、花に浮かれた恍惚の人と思われたことだろう(^^)
イジュの白い花は香りも甘く、花のそばではうっとりとなってしまう。ソウシジュは樹形もソフトでタイワンアカシアの別称がある。橙がかった鮮やかな黄色い玉のような花も美しい。

                  《琉歌》辺野喜節(ベノキ節)

イジュぬ木ぬ花や あんちゅらさ さちゅる(イジュの木の花は あんなに美しく 咲いている)

わぬんイジュやとてぃ ましら さかな (わたしもイジュのように 真っ白く 咲きたい)

f0083281_11335422.jpg

f0083281_1134311.jpg

f0083281_11353657.jpg

f0083281_11362356.jpg

f0083281_11373512.jpg

f0083281_113898.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-05-12 11:49 |

初夏(5月8日撮影)

 天候不順でフィールドへも足が向かず、ここしばらくは野外を出歩くのはウォーキングのみで
蝶にご無沙汰の状態が続いていた。蝶がだめなら花でもUPすればよいのだが、なんとなく気がむかず、ブログの更新も長期にわたってサボってしまった(^^;、、、、
昨日は文句ナシの初夏の晴天!陽差しも強く、フィールドも緑の汗を滴らせているような一日だった。久しぶりの蝶との出会いに気分も高揚し、いつもの近場で花や蝶を撮っているとカメラを手に散策している30代くらいの人が話しかけて来た。彼も蝶を撮っているということで、しばらく立ち話をしているうちに『もしかして、ブログとかやってませんか?・・・やんばるの風の・・』と聞いてきたのにはビックリ!『何故、いきなり出会った私とブログを結びつけて考えたんだろう?』と内心驚きながらも彼が私のブログを見てくれていたことなどを聞いているうちに、気心の知れた友人に会ったような気分になり、そのまま、夕方まで行動を共にした。
本土から那覇の職場へ転勤になり、一年ほど前に沖縄に来たということである。nozomuさんという共通の知己もあり、蝶のスポット情報その他の話で盛り上がり、楽しい一日を過ごした。
※画像:フィールド周辺、テンニンカ、リュウキュウツヤハナムグリ?、ヤマトシジミ、オオハナアブ、デイゴ、ムラサキシジミ。
※文中、オオハナアブとあるのは、当初ミナミオオハナアブとしていましたが、茨城さんのコメントの通り、同定に間違いがありましたので、訂正しました。
f0083281_1361114.jpg

f0083281_1365635.jpg

f0083281_1374125.jpg

f0083281_1383399.jpg

f0083281_139916.jpg

f0083281_1394986.jpg

f0083281_13102914.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-05-09 13:14 | その他