「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブーゲンビレア

  沖縄では周年咲きのブーゲンビレア。ウチのはこれから初夏にかけて最も花が多い。
                                 ※画像をクリックすると拡大します。
f0083281_14532038.jpg

f0083281_20564995.jpg春 は 気 ま ぐ れ  胡 蝶 の 

よ う に
         
く る  く る 変 る 空 も よ う
         
き の う は 夏 の 陽 射 し を 

避 け た 
         
木 陰 に き ょ う は 冬 の 風
          
ブ ー ゲ ン ビ レ ア の 夏 色 花 は
         
春 の 寒 さ も な ん の そ の
[PR]
by mhidehide | 2006-03-30 15:03 |

モンシロチョウ

    草原で おさなごが嬉々として戯れるように 可愛げに飛び交うモンシロチョウ ♪
f0083281_17362131.jpg

f0083281_20403463.jpgせ ん だ ん ぐ さ の  し ろ い 花

岬 の 風 に  ゆ ら ゆ ら と

の は ら 一 面  む れ て 咲 く

し ろ い は な び ら  風 に 舞 い

ヒ ラ ヒ ラ あ た り へ  散 る 

よ う に ・・・も ん し ろ ち ょ う は  飛 び ま わ り ・・
[PR]
by mhidehide | 2006-03-28 17:55 |

こんなときに限って・・・

昨日、南城市の斎場御嶽(セーファウタキ)を基点に周辺10キロ余の散策を楽しんだ。 
                                 ※画像をクリックすると拡大します。
f0083281_11592852.jpg

f0083281_20143221.jpg7名のウォーキング仲間が参加。ウタキでは数頭のツマムラサキマダラが鮮やかな紫の翅をみせて飛び交っている。
カメラをもってどこまでも追ってゆきたい気持ちは山々だが、そのために来たのではないので通りすがりに立ち止まってタメイキをつくのが精々。それでも、ついついみんなに遅れがちである。
モンシロ、イシガケ、オオゴマダラ、モンキ、アオスジ、ジャコウ、クロアゲハ?リュウキュウミスジ、リュウキュウヒメジャノメなどのほかに、ツマベニチョウ♂も夏場のように飛び交っていた。残念ながら幾つか撮った蝶の写真でまともに撮れたのはなかった。
けれども昼休みにエキサティングな出来事がおこった。
食後、ぼんやり立って蝶を眺めていると頭上の樹影をぬっていきなり急降下した輝くばかりの白っぽい中型の蝶。驚いてみつめていると、足元から1mほど離れた草の葉にサッととまり
一瞬後には、すばやく飛び去っていった。カメラを構えようとした矢先の出来事である。
写真でしか見たことがなく、また、時期や場所を考えても断言の憚られるところであるが、私にはその蝶がフタオチョウだったと思えてならない。
[PR]
by mhidehide | 2006-03-26 12:43 |

リュウキュウヒメジャノメ

 山歩きの帰り、登山口を出て道路脇でMさんと休んでいるとヒョイヒョイと足元を通り過ぎた蝶がガードレールの外側にとまった。(3月15日)
f0083281_1228376.jpg

f0083281_194754100.jpgリュウキュウヒメジャノメはその日、何度となくみかけたが閉翅状態のものばかりだったので「翅を開いてくれたら撮るんだけど・・」とつぶやいたとたん、蝶はおもむろに翅を開き出した。
思わず笑ってしまい、二人ともカメラを向けた。蝶の位置はガードレールから1m弱で、おあつらえ向きの場所である。道路に膝をついてガードレールに寄りかかり、シャッターを切った。
途中、なんども翅の開閉を繰り返す蝶に、二人とも「ぁ~タノム!開いて!」「おねがい!御願いシマスッ!」と夢中で口説いていた。通りがかりの人がいたら、首をかしげていたにちがいない。

※ヒメジャノメとの相違点をご存知の方、教えてください。よろしく!
[PR]
by mhidehide | 2006-03-24 12:46 |

オオゴマダラ

 今朝、庭へ出ると木陰から白いものがヨロッと落ちてきた。足元に1頭のオオゴマダラ!
                                 ※画像をクリックすると拡大します。
f0083281_1041471.jpg

f0083281_1944134.jpg夜中の大雨で庭の窪みに水が溜まっていたが、この蝶も雨宿りをしていたものとみえる。私の近づく影に驚き、飛び立とうとしたのだろう。
雨にうたれ、すっかり弱っているようだ。側にしゃがみこんでも弱々しく翅を動かすだけである。そうっと翅をつまんで花の上に移した。
しばらくモデルになってもらった後、軒下の安全な場所へ再移動。やがて、雲間に青い空もみえてきた。30分ほどの後、蝶は元気にとびたっていった。
[PR]
by mhidehide | 2006-03-22 10:56 |

リュウキュウミスジ

 梢から落ちた木の葉が・くるりくるりと舞い降りるように・・リュウキュウミスジが飛んできた・・・
                                  ※画像をクリックすると拡大します。
f0083281_1015897.jpg

f0083281_19312481.jpgお前は ちいさなバレリーナのように
クワズイモの緑の舞台に降り立った
背すじをピンと伸ばしたような
凛としたその姿
まるでトゥシューズを直す少女のよう
こんなに近づいても逃げないなんて・・
そう思ってよ~く見ると
・・かすかに動いている口吻
?ンッ・・とよくよくみれば
な~んだ! 鳥さん御用達のごちそうに夢中なだけでした。


                       
                                   
                             
[PR]
by mhidehide | 2006-03-20 10:23 |

イルカンダ

 山間にある道路が拡張され、これまで見えなかった山への進入路が露になった。車で通り過ぎる度に中へ入ってみたいという誘惑に駆られていた私であったが、昨日ついに探検?開始!
                               ※画像をクリックすれば拡大します。
f0083281_11124664.jpg

f0083281_1929870.jpg車を脇にとめ、リュックを背にカメラ片手のいつもの姿(これは不審者と思われないためもある)
足を踏み入れると意外にも砂利が敷き詰められ、車の往来の形跡もある。しばらく歩いていると広場があり、放置された畑や農場跡らしきものの錆付いた門があった。
モンシロチョウやキチョウ、リュウキュウミスジが飛んでいる。コノマも3頭みかけた。
道沿いの沢でみかけた大きなイルカンダ!手持ちの図鑑では「マメ科蔓性植物、茎は結束用」となっているが、直径12cm以上はあろうと思われる茎は木のように固い。それが樹間を這い回り、シャンデリアのような花房をつけている奇観にしばし見とれていた。
[PR]
by mhidehide | 2006-03-18 11:42 |

アサギマダラ

 三寒四温という言葉どおりに、気温が数度も異なる日が二、三日ごとに入れ替わるこの頃です。
f0083281_17283391.jpg

f0083281_1926134.jpg 二日続きで冷え込んだ後の昨日は、前日までとはうって変わって上天気。
風も無く、日中は23℃くらいまで上がり、上々の蝶日和でした。
プロのMさんと山へ出かけました。麓近くは暑いくらいの陽射しで、ムラサキシジミ、モンシロチョウ、イシガケチョウ、テングチョウ、ルリタテハ、ヤマトシジミ、リュウキュウヒメジャノメ、モンキアゲハ、アサギマダラなどでにぎわっていました。
コノハチョウの岩場は、木陰でひんやりと冷たく、そこいらは温度差があるためか、コノハは2頭しかあらわれませんでした。でも、1頭が極めて協力的でMさんもビデオが撮れて一応満足の楽しい一日。
けれど、帰宅後PCに取り込んでみると、文句なしの場面で撮った画像に限ってボケが多いのです。
[PR]
by mhidehide | 2006-03-16 17:29 |

シークヮーサーの花

 去年の秋からの橙色の実をチラホラ枝に残したまま、シークヮーサーが花をさかせています。
f0083281_16481721.jpg
     
f0083281_17491494.jpg木陰に佇み 爽やかで少し刺激的なその香りを 胸いっぱいに吸い込む
木漏れ日に映える 清楚な白い花たちは 緑の世界の星のよう
やがて 花は 散り  豆粒よりも 小さな青い実をつける
そうして いちにちいちにちと 実はそだってゆく
初夏にはビー玉ほどのかわいい実になり
真夏 それは立派な シークヮーサーの実になるのだ
[PR]
by mhidehide | 2006-03-14 16:56 |

ウラナミシロチョウ

   訳も曖昧ながら、なんとなく何処となく、遥かな北欧の少女をイメージさせる蝶。
f0083281_17441050.jpg
 
f0083281_17453979.jpg昨日、今日と久しぶりに晴れの日が続いている。これは昨日、庭でとったもの。気温も22℃くらいまで上がり、蝶の訪問も日増しに多くなってきた。
モンキアゲハかナガサキアゲハ♂らしきものが一瞬、庭をよぎって飛んでいくのが見えた。ナミアゲハも通りすぎていった。庭の木陰でぼんやり佇んでいると次から次へと蝶が姿をみせるわりに、なかなか吸蜜や休憩はしてくれない。
サンダンカの蕾がそだってきているが、それが開花すればアゲハ類もゆっくり立ち寄ってくれるかもしれない。
ウラナミシロチョウが今年はじめて庭で休憩しているのを見ることが出来た。
ダルマサンガコロンダ・・をしながら、しゃがんでゆっくり近づき「頼むから逃げないで・・撮らせて・・・」と念じながら接写に成功(^^; 長袖シャツも地味な色合いのもので迫りました。

※子供の頃からチョウとかは好きですが、写真に撮ってじっくりみるようになってからまだ1年にもなりません。名前の間違いも多々あると思うので気づいた方は教えてください。
[PR]
by mhidehide | 2006-03-12 11:26 |