「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:花と蝶( 2 )

庭の花と蝶(アゲハ以外は5月7日撮影)

f0083281_22434273.jpg
 
 先月は天候が悪いのと蝶以外の趣味の活動でせわしかったことで、殆どフィールドへ出かける機会がなかった。その後も4月29日ごろから梅雨入り。5月に入リ、ゴールデンウィークは本土で働いている末息子の帰省や孫等の来訪でひさびさに家族そろって賑わいのある数日を過ごした。
昨日から、カミさんと二人だけの日常にもどったものの、二人ともなんとなく体がだるいような感じで動きが鈍っている。10時ごろカミさんが出かけた後、私は庭の木の剪定にとりかかった。体を動かし、一汗かけば少しは気分がシャキッとなるかもと期待したのだ。
最高気温は27℃。日差しも強く、長袖のシャツに麦わら帽子といういでたちで張り切って庭仕事をはじめた。正午までの2時間余をブロック塀に這わせたツタが伸び過ぎたのや、木の枝の剪定に専念した。
庭には結構、蝶が飛んでくる。日差しが和らぐのを待って3時ごろから庭に来る蝶を撮ることにした。木陰にたち蝶が来れば、カメラを構えてそっと近づく。山に近い環境なので天気のいい日は蝶の来訪が多い。ほとんど普通種であるが、これまでにリュウキュウムラサキやイワカワシジミなどのレアものが来たこともある。
今日は久しぶりに見るウラナミシジミが2頭、15分ほどモデルになってくれたのがラッキーだった☆
                         ※ ↓ テッポウユリ
f0083281_22483956.jpg

                         ※ ↓ キチョウ
f0083281_22443656.jpg

                         ※ ↓ インパチェンス
f0083281_22525349.jpg

                         ※ ↓ モンシロチョウ
f0083281_22543757.jpg

                         ※ ↓ グラジオラス
f0083281_2255563.jpg

                         ※ ↓ イシガケチョウ
f0083281_22564292.jpg

                         ※ ↓ ツマグロヒョウモン♂
f0083281_22581495.jpg

                         ※ ↓ コエビソウ
f0083281_230040.jpg

                         ※ ↓ リュウキュウハギ
f0083281_2342699.jpg

                         ※ ↓ ウラナミシジミ
f0083281_2351339.jpg

f0083281_236882.jpg

f0083281_2364899.jpg

f0083281_2371951.jpg

                         ※ ↓ アナナス
f0083281_2382779.jpg

                         ※ ↓ アゲハ(4月21日撮影)
f0083281_23103729.jpg

 ※上記の他に見かけた蝶
シロオビアゲハ、オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラ、ウスイロコノマチョウ、タイワンクロボシシジミ。


                         
[PR]
by mhidehide | 2012-05-07 23:18 | 花と蝶

2月の夏日(2月28日撮影)

f0083281_2110147.jpg
 
 数日来、最高気温20℃超の日が続いている。やんばるでは今日、最低気温19℃、最高25℃の夏日となった。蝶友からオキナワカラスアゲハやムラサキシジミが出回っているとの知らせがあったので、午後から近場のポイントへ出かけた。
明るい初夏のような日差しのもと、車内の温度も上がり汗ばむほどだ。ところがポイントに着くころには急に天候が変わり、青空はたちまち雲に覆われてしまった。おまけに風が強くなってきた。
蝶の群舞を期待していたのに、これではそれも叶いそうにない。気温は高いので気をとりなおして、のんびり散策することにした。風のなかを二、三頭の小型の蝶が勢いよく行き交っている。空中をジャンピングするかのような飛翔。よく見るとスミナガシのようだ。「この時期に早??」と思いながら静止を待つがテリハリとバトルの繰り返しでなかなか止まってくれない。気長に待っていると目の前の枝に張り付くように止まった。まずは証拠写真を撮り、それから一歩一歩と近づきつつシャッターを切る。越冬蝶ではなく鮮やかな色の新鮮な個体である。他の蝶も遠目から見てもどうやら最近発生したように思われる。いずれも昨秋のと比べて一回り小さく、シルエットだけでは、大型のセセリチョウのような印象だ。一頭を撮った後は30分ほど粘っても静止してくれないので、場所を移動した。
あたりの灌木は、そこここで春の花を咲かせている。香りのいいエゴノキの白い花が美しい。
よく見るとジャコウアゲハが吸蜜しており、なかなか絵になる取り合わせである♪この花で蝶の吸蜜というのは初見なので、思わぬ儲けものをしたような心地!
オキカラやムラシは撮れなかったものの、早咲きの花ならぬ早生?のスミナガシやエゴノキとジャコウの初シーンが撮れたことで満足の成果であった。
 2時間足らずのうちに、いきなり雨が降り出したので大きなクワズイモの葉でカメラを包み、急いで退散した。
                       ※↓ スミナガシ
f0083281_21121781.jpg

                       ※↓ アカタテハ(越冬)
f0083281_21135170.jpg

                       ※↓ 同(新生) 
f0083281_21142041.jpg

                       ※↓ ハクサンボク
f0083281_21193499.jpg

                       ※↓ リュウキュウバライチゴ
f0083281_21221344.jpg

                       ※↓ アオスジアゲハ
f0083281_21233375.jpg

                       ※↓ ツバキ
f0083281_21245917.jpg

                       ※↓ ジャコウアゲハ
f0083281_21255527.jpg

※上記の他に見かけた蝶
ヤマトシジミ、シロオビアゲハ、オキナワカラスアゲハ、
[PR]
by mhidehide | 2011-02-28 21:35 | 花と蝶