「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:蝶( 213 )

ブログ放置のお詫び / ミカドアゲハ(3月19日・撮影)

 ふとしたことでブログへのモチベーションが低下し、半年ほども更新できませんでした。何分、気分屋な質で気が乗らないことについては放置して顧みない傾向があり、そんな自分をもてあましているところもあります。蝶へのの関心が特に薄れたわけではなく、撮影にはたまに出かけていたのですが曖昧な理由でブログ更新が億劫になっていました。それでも時たまログインしてみると毎日のように10名余の方の訪問があり、訪問してくださる方々への感謝と恐縮の気持ちは絶えず持っていたのですがどうしようもありませんでした。多趣味な自分は他のことに没頭することでブログから逃げていたのですが、期間がたつほどに心の中に空虚なものを感じるようになり、毎日の生活のリズムに違和感をきたすようになりました。蝶への関心をブログで表現することは私の生活の不可欠な部分であることを痛感させられたのです。
そんなことで、こうして又ブログ更新を続けてゆくことになりました。こんな身勝手な私のブログへ心を寄せてくださった方々へ改めて、感謝いたします。どうぞ今後とも宜しくおつきあいください。
f0083281_23353475.jpg

例年、シークヮーサー(ヒラミレモン)の開花期の三月にはミカドアゲハやオキナワカラスアゲハ等を目当てにTさんらと撮影に出かけているが今年は開花が遅く予定日が延び延びになってしまった。
この日もシークヮーサーの開花状況はイマイチながら日中の最高気温は25℃となったためかミカドも時折、姿を見せてくれた。けれども現場には我々が到着する前に既に2名のネットマンが活動中!幸いなことに今回のネットマンはかなり良心的で、我々が撮影している場所とは距離を置いて採集していたので、さほど不愉快な思いをすることもなく撮影できた。蝶の数が少なかったためか(それともネットマンのせいか?)蝶の飛翔はいつもより慌ただしく、なかなかシャッターチャンスが来ない。
それでも数時間ほど粘った甲斐があり、どうにか今年初のミカドやオキカラ撮りに成功した♪
                            ※ ↓アカタテハ 
f0083281_0145820.jpg

                            ※ ↓クロセセリ
f0083281_016948.jpg

                            ※ ↓リュウキュウウラボシシジミ
f0083281_0165190.jpg

f0083281_0171348.jpg

                            ※ ↓イワカワシジミ
f0083281_0175252.jpg

                            ※ ↓タテハモドキ
f0083281_0182837.jpg

                            ※ ↓オキナワカラスアゲハ
f0083281_018516.jpg

                            ※ ↓ミカドアゲハ
f0083281_0194867.jpg

f0083281_0201081.jpg

 ※上記の他に見かけた蝶

ジャコウアゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、ウラナミシロチョウ、ウスキシロチョウ、モンシロチョウ、リュウキュウアサギマダラ、アサギマダラ、ツマグロヒョウモン、リュウキュウミスジ、イシガケチョウ、コノハチョウ、フタオチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、アオバセセリ、オキナワビロウドセセリ。
[PR]
by mhidehide | 2015-03-23 00:35 |

羽化直イワカワシジミ!(7月14日撮影)

f0083281_2034246.jpg
 
 ごまさん等と同行した際には端境期のため撮れなかったイワカワが、次の羽化の時期を迎えるのは7月10日ごろとTさんから聞いていた。Uさんは一行が遠征を終えて後も一人やんばるに残り孤軍奮闘していたのでこの日(14日)は再びUさんと二人でイワカワとフタオを目当てにポイントへ出かけた。
けれどもイワカワが羽化するという10日前後は台風の襲来で大荒れの天気に見舞われた後であり果たして蝶が見れるかどうか覚束ない状況であった。Uさんは翌日(15日)には沖縄を発つので、この日が今回最後のチャンスであり、なんとしてもい新鮮なイワカワに会いたいところである。私としても長期間滞在したUさんにイワカワを撮って欲しいと思っていた。イワカワにしても台風時は羽化を見合わせ、その後に発生してくれたのなら、羽化直が見れてもいいタイミングではないか?そんな期待を頼みに、これまでにフタオやイワカワをよく見かけたポイントへ足を踏み入れた。林のなかの小路は倒木で歩くのもままならない。けれども思いのほか食樹のクチナシは健在であった。葉も充分に残っており、蝶もチラホラ飛んでいるではないか!♪ 以前にイワカワを撮ったところで、Uさんに「このあたりで見かけたんですょ・・』と指さししようとしたところに、なんとイワカワがチョコンと止まっている!!しかも羽化直の鮮やかな色!二人とも夢中でシャッターを切りまくった。しばらくしてUさんが「翅が変ですね。羽化不全では?」と言うので、よく見るとたしかに翅が伸びきってないままの状態である。それでも、どうにか飛翔は出来る状態であった。その後も周辺で三頭ほど新鮮な個体が現れモデルになってくれた。この日、フタオはUさんが1頭を目撃しただけに終わったが、新鮮なイワカワが撮れてUさんも喜んでいた。私も何度もシャッターを切りまくり、いい写真が撮れたという手ごたえを感じていたのだが、帰宅後、チェックしてみればピンが甘くイマイチの写真ばかり。(泣)Uさんはいい写真が撮れたようなので、それで由としよう。
f0083281_2003128.jpg

f0083281_2025929.jpg

[PR]
by mhidehide | 2014-08-03 20:03 |

ことし初のイワカワシジミほか(撮影7月2日~3日)

f0083281_23234100.jpg
 
 ※2日にTさん、3日に先月来滞在中のUさんと撮影にでかけた。
今年は2化のフタオが最もでまわる時期ながら、これまでのところ撮影に苦戦を強いられている。なにしろトラップに降りてきたフタオはたったの1頭で、例年のように時間をかけてゆっくり撮影する状況ではない。
イワカワにいたっては1頭だに姿をみせてはくれないのである。けれどもTさんは、これまでにイワカワ♂の開翅も撮影しており今年も既にイワカワを撮影したということなので私としては大船に乗ったつもりで期待していた。そこはフタオも見れるポイントである。いつものようにトラップを仕掛けて後、周辺を散策した。するとイキナリ『イワカワですよ♪』とTさんの声!拍子ぬけしてTさんの指さす方をみるとの目の前の葉に♀が静止中。即、カメラを構えてあわててシャッターを切る。けれども白っぽい擦れた個体でイワカワのブルーにはほど遠い。それでも現われてくれただけでも嬉しい。フタオとイワカワを探しながら午前中何度となくポイントを歩き回った。日中の気温は32℃まで上がり、むし暑いことこの上なし。なんとしても蝶を見つけて撮るという執念がなければ意識を失いかねない暑さである。幸いにも我々の奮闘に自然も味方をしてくれたとみえ、新鮮なイワカワが1頭、現われてくれた。フタオは数頭みかけたが又してもトラップには寄り付いてくれない。それでも真近にみることができ、開翅もとれ、申し分ない成果に終わった。
※3日はUさんと別のポイントへ。Uさんは前回ご一緒して後、イワカワをGetした由。けれども新鮮な個体ではなかったということなので、イワカワについては、どうやら端境期ということらしい。
この日は車に頼らず歩き回ることに専念し、シーズンごとに異なるポイントの情報などの四方山話をしながら終日を過ごした。なにしろ前日より気温も高く、時折木陰で水分を補給し、休みながら蝶を追うということでなければ体がついていけない。(笑)この日、フタオは数頭以上現われたがやはりトラップには降りてこない。これまでトラップづくりには自信をもっていただけに、私にとってはショックな出来事だった。蝶についての成果では前回撮った蝶以外にスミナガシ、ナガサキアゲハ♀それにリュウキュウムラサキが撮れたことぐらいであったが、私にとってはUさんと色々話し合えたことがより大きな成果であった。
                                             ※ ↓ イワカワシジミ
f0083281_2333649.jpg

f0083281_2373516.jpg

f0083281_2381737.jpg

                                             ※ ↓ クロセセリ 
f0083281_2383180.jpg

                                             ※ ↓ クロマダラソテツシジミ
f0083281_23111311.jpg

f0083281_2311403.jpg

                                             ※ ↓ タイワンクロボシシジミ
f0083281_23125380.jpg

                                             ※ ↓ ナミエシロチョウ
f0083281_23134748.jpg

                                             ※ ↓ リュウキュウミスジ 
f0083281_2315202.jpg

                                             ※ ↓ フタオチョウ
f0083281_23163014.jpg

f0083281_2319776.jpg

f0083281_23192269.jpg

                                             ※ ↓ オスプレイ
f0083281_23204252.jpg

                                             ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_23222297.jpg
 
                                             ※ ↓ ナガサキアゲハ
f0083281_23241927.jpg

                                             ※ ↓ リュウキュウムラサキ
f0083281_2325241.jpg

                                             ※ ↓ ツマベニチョウ
f0083281_23252430.jpg
 
                                             ※ ↓ スミナガシ
f0083281_23283224.jpg

f0083281_23285725.jpg
                                        
[PR]
by mhidehide | 2014-07-06 23:30 |

余震のような衝動(6月29日撮影)

f0083281_654655.jpg

 前回の撮影でイワカワが撮れなかったという無念さは私の心にしこりのように強く残っていた。
昨日はTさんと撮影にでかける予定があったので、そこでリベンジを果たすつもりでいたのだが生憎の微妙な空模様。私としては雨の予報があるにせよ決行したかったのだが『曇天ではクリアな写真が撮れない』というTさんの一言で納得して中止にすることになった。それでもイワカワ・リベンジにはやる私の気持ちはおさまらない。早朝の空をみると、名護上空は概ね青空も散見される薄曇りで、日差しもある。このまま晴れそうな気もするが、遠く本部半島の上空には厚い灰色の雲の峰が続いている。Tさんが那覇からここへくるまでには天候が急変するかもしれない。それでも私は近場で午前中だけでも撮りたいという気持ちが強くなった。この気持ちは前回、遠路はるばる来た蝶友たちとの撮影行の余震のようなものかもしれない。
それに、なんとなくイワカワが現れそうな予感にかられ、家を出た。車を道路脇の空き地にとめ、ゆっくりあたりの様子をチェックしながらポイントを散策した。イワカワがとまっていそうな木の枝をゆすってみたりしながらいつもより周到に動き回ったのだが、この日も遂にイワカワには会えず終いとなった。
むし暑い一日。帽子や衣服は汗でぐっしょり濡れ、体に張り付いている。目をギラギラさせながら、絶えずボトルの水を飲みのみ、ゆっくり歩き回った。カメラを手にしてなければ不審者にみえたかもしれない。(笑)
幸いにも天気はまずまずの状況で撮影中は崩れることはなかった。家にいれば暑さで参っていたかもしれないが好きなことをしていれば炎天下でも楽しい時間が過ごせる。人は実に面白い生き物である。
※ ↓ ツマベニチョウ
f0083281_8234937.jpg

f0083281_8241773.jpg

                                           ※ ↓ ムラサキシジミ
f0083281_8591311.jpg

                                           ※ ↓ タイワンクロボシシジミ
f0083281_2304939.jpg

f0083281_2332862.jpg
※ ↓ シロオビアゲハ
f0083281_903170.jpg

f0083281_905928.jpg

                                           ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_922633.jpg

f0083281_932327.jpg

f0083281_93438.jpg

                                           ※ ↓ ウスイロコノマチョウ
f0083281_96898.jpg

                                           ※ ↓ 
f0083281_973110.jpg

f0083281_975187.jpg

                                           ※ ↓ アオタテハモドキ 
f0083281_985661.jpg

                                           ※ ↓ ナガサキアゲハ
f0083281_9101836.jpg

f0083281_9104280.jpg

                                           ※ ↓ ウスキシロチョウ
f0083281_9112336.jpg

※上記の他に見かけた蝶
ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、モンキチョウ、キチョウ、ナミエシロチョウ、モンシロチョウ、ウラナミシジミ、アマミウラナミシジミ、ヤマトシジミ、クロマダラソテツシジミ、リュウキュウアサギマダラ、ツマグロヒョウモン、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、フタオチョウ、イシガケチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、
[PR]
by mhidehide | 2014-06-30 08:23 |

梅雨の最中・蝶友来る(撮影6月21日~22日)

f0083281_23404543.jpg
 
 かねて来沖を約束していた蝶友のやんばる遠征に2日間同行した。一行は≪暖蝶寒鳥≫のごまさんら4名。ごまさんは八重山遠征を終えたその足で本島に移動し、一息つくまもなく連戦に突入というハードスケジュールである。6月下旬といえば、例年ならとっくに梅雨明けの時期を迎えているというのに今年は未だ梅雨の最中。天気予報も雨天や曇天が多く、撮影者にとっては気を揉む日和が多い。けれども、ごまさん一行の遠征期間中は、雨天の日でも晴れ間があったりのまずまずの天気で、一応の成果もあったようなので2日間ご一緒した私としてもホッと胸をなでおろしたところである。
ごまさんからは、フタオやウラボシ、イワカワシジミをはじめ撮りたい蝶のリストをもらっていたが、イワカワシジミを除けば大方の蝶は撮れたのでラッキーな撮影行であった。ブログを通じて交流のあった仲間との対面もあり、私にとっても満足の二日間であった。
                                          ※ ↓ ツマムラサキマダラ
f0083281_23415472.jpg

                                          ※ ↓ リュウキュウウラナミジャノメ
f0083281_23463238.jpg

f0083281_23465917.jpg

                                          ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_2349583.jpg

                                          ※ ↓ フタオチョウ
f0083281_2350050.jpg

f0083281_23501953.jpg

                                          ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_23521647.jpg

f0083281_2353342.jpg

                                          ※ ↓ クロマダラソテツシジミ
f0083281_23535794.jpg

f0083281_23544414.jpg

f0083281_2355187.jpg

                                          ※ ↓ オオシロモンセセリ
f0083281_23553937.jpg

f0083281_2356289.jpg

                                          ※ ↓ チャバネセセリ
f0083281_23595611.jpg

                                          ※ ↓ アオバセセリ
f0083281_003869.jpg

                                          ※ ↓ バナナセセリ
f0083281_012046.jpg

                                          ※ ↓ オキナワビロードセセリ 
f0083281_023484.jpg

                                          ※ ↓ リュウキュウウラボシシジミ
f0083281_04738.jpg

f0083281_07066.jpg

                                          ※ ↓ カラスヤンマ
f0083281_083180.jpg

                                          ※ ↓ ベニトンボ 
f0083281_0965.jpg
 
                                          ※ ↓ リュウキュウハグロトンボ
f0083281_021104.jpg

f0083281_013286.jpg

                                          ※ ↓ アオタテハモドキ
f0083281_0143018.jpg

[PR]
by mhidehide | 2014-06-25 00:15 |

台湾の蝶/時来運転(撮影3月18日~21日)

f0083281_1917294.jpg
 
 昨年、Tさんと台湾へ撮影に出かけて以来、台湾がすっかり好きになってしまった。台湾のどこが気に入ったのかと問われても即答は難しい。台湾の蝶、自然、人、そこでの体験その他全てが良かったとしか答えようがない。去年の台湾からの帰途「今度はいつ台湾に来れるかな?」と思っていたし、一度きりで終わらせるつもりは毛頭なかった。最大のネックである費用にしてもTさんが格安航空券を手配してくれたので問題なし(ちなみに昨年は片道3,800円、今回は片道6,000円余)今回は民宿を利用し、移動は民宿のオーナーが車で送迎してくれたので旅費のトータルは昨年より少なかった。
撮影場所は天候の状況に合わせて数か所を予定していたが結局は昨年同様、2日間を南山渓に充て、他に民宿のオーナーの案内で2ヶ所ほど回った。期間中は明るい曇天で時折日差しがあり、まずまずの天候ながら思いのほか蝶は少なく去年のような蝶の群舞は見れなかった。けれども、去年は見れなかった蝶を観たり、撮ったり、トラップを使用してシャッターチャンスを増やしたり、現地の人から情報を得たりといった成果があったことで昨年以上に満足した撮影行となった。
                        ※ ↓ クロタテハモドキ
f0083281_19183958.jpg

                              ※ ↓ リュウキュウムラサキ
f0083281_19193560.jpg

                              ※ ↓ オオルリモンアゲハ
f0083281_1920239.jpg

f0083281_1922486.jpg

                              ※ ↓ タイワンジャコウアゲハ
f0083281_1921710.jpg

                              ※ ↓ ジャノメタテハモドキ
f0083281_19232074.jpg

                              ※ ↓ ワタナベアゲハ
f0083281_1924445.jpg

f0083281_19261555.jpg

                              ※ ↓ ウスムラサキシロチョウ
f0083281_19243797.jpg

                              ※ ↓ ヒメキミスジ
f0083281_1925129.jpg

f0083281_19254886.jpg

                              ※ ↓ フチベニシジミ
f0083281_1927589.jpg

f0083281_1928556.jpg

                              ※ ↓ ヒメフタオ
f0083281_1930420.jpg

                              ※ ↓ タイワンタイマイ
f0083281_19323870.jpg

                              ※ ↓ タイワンタイマイ・ヒメフタオ
f0083281_19294083.jpg

                              ※ ↓ ホッポアゲハ
f0083281_1930477.jpg

                              ※ ↓ マダラシロチョウ
f0083281_19312629.jpg

f0083281_19314770.jpg

                              ※ ↓ ルリモンジャノメ
f0083281_19321561.jpg

                              ※ ↓ アリサンシジミタテハ
f0083281_19332767.jpg

f0083281_1933545.jpg

                              ※ ↓ タイワンヤマキチョウ
f0083281_22245894.jpg

[PR]
by mhidehide | 2014-04-15 19:34 |

ミカド見参(撮影3月15日)

f0083281_2213536.jpg

 春先の三寒四温の天候が続いている。初夏を思わせる日の翌日に冬が逆戻りしたり・・更には雨で撮影が出来なかったり。庭のシークヮーサーは満開の花ざかりなので、ミカドアゲハのポイントでは、さぞかしミカド様が春の舞をご披露あそばされていると思えば、ついついお天道様へ愚痴をこぼしたくなる。
そんなモヤモヤした日が数日ほど経過した15日、上天気に恵まれTさんとミカドアゲハを求めてやんばるのポイントへ向かった。ところが現地へつくと、招かざる客・ネットマンが三名、白い採集網を振り回している!
何たるタイミング!おまけに、そこではミカンの花も満開とはいかず、ミカドの出現も期待できそうにない。
とりあえず、気温が上がるまでオキナワウラボシシジミのポイントを散策することにした。けれども、そこでも蝶影が薄く、足取りも重くなる。「ウラボシも撮れないのだろうか・・・?」と不安になってきた頃になって、ようやく、ウラボシが二、三頭出現!慌てて蝶の後を追いかけ辛うじて撮影した。その後は数か所のミカン畑を行きつ戻りつしながらネットマンともどもミカドを追いかけた。昼食を挟んで数時間も探索した結果にしては若干物足りなさはあったものの、一応の成果を上げることが出来た。
                                 ※ ↓ アオスジアゲハ
f0083281_2217582.jpg

                                 ※ ↓ クロセセリ                        
f0083281_22182296.jpg

                                 ※ ↓ シロオビアゲハ
f0083281_22194011.jpg

                                 ※ ↓ オキナワビロードセセリ
f0083281_22202297.jpg

                                 ※ ↓ オキナワカラスアゲハ
f0083281_2221069.jpg

                                 ※ ↓ タテハモドキ
f0083281_22581920.jpg

                                 ※ ↓ オキナワウラボシシジミ
f0083281_22233585.jpg

f0083281_22264453.jpg

                                 ※ ↓ ミカドアゲハ
f0083281_222842100.jpg

f0083281_22314622.jpg

[PR]
by mhidehide | 2014-03-23 22:31 |

桜とジャコウアゲハ(撮影・1月28日)

f0083281_0212812.jpg

 今年はこれまでのところ寒い日が続いている。最高気温が20℃以上の日は例年より少なめで、最低気温10℃以下の日は数日もある。1月の気温としては例年よりかなり低めである。
それでも今日はひさしぶりの晴天。日中の気温は21℃まで上がり、かねて約束していたTさんと桜とジャコウねらいで二、三のポイントをまわった。はじめに出かけたポイントは一昨年撮影した場所だ。気温がまだ上がらない朝のためか数頭が吸蜜している程度である。桜の多いポイントならジャコウの数も多いのではと期待して他のポイントへ移動した。ところが、そこも思いのほか蝶は少ない。昼過ぎには結局、もとの場所へ戻った。気温が上がってきたためか今度は二十頭ほどのジャコウで賑わっている。ひとしきりジャコウを撮った後、川ぞいのノゲイトウの花に群がっているリュウキュウアサギマダラを私が見つけ、さらに近くの岩から垂れている蔓に10頭ほどのリュウキュウアサギマダラが止まっていいるのをTさんが見つけた。しばらくリュウアサを撮り、その後もジャコウを撮った後、帰りがけに川沿いの繁みへ降りてみた。その周辺はリュウキュウアサギマダラのねぐらとみえて、つる草や枯れ枝に蝶が鈴なりになっている。このあたりはおそらく蝶の避寒場所かもしれない。どうやら、二人で冬季の楽しみの新たなポイントを発見?! ♪
                                     ※ ↓ ジャコウアゲハ
f0083281_0224228.jpg

f0083281_0233064.jpg

f0083281_0241789.jpg

f0083281_02545.jpg

f0083281_0264283.jpg

f0083281_027384.jpg

                                     ※ ↓ オキナワビロウドセセリ            
f0083281_0281034.jpg

                                     ※ ↓ オオゴマダラ
f0083281_0301341.jpg

                                     ※ ↓ メジロ
f0083281_11989.jpg

                                     ※ ↓ シロハラ
f0083281_0322869.jpg

                                     ※ ↓ アカタテハ
f0083281_0331885.jpg

                                     ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_034072.jpg

                                     ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_0345252.jpg

f0083281_0352433.jpg

f0083281_0355513.jpg

※上記の他に見かけた蝶
 キチョウ、ウスキシロチョウ、ナミエシロチョウ、ツマベニチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、リュウキュウミスジ。
[PR]
by mhidehide | 2014-01-28 23:59 |

謹賀新年(2013年1月3日撮影)

f0083281_22443812.jpg
 
 先月は、年末の多忙な行事等に加えて気温も低めな日が多かったため、予定していた撮影が延び延びになったあげく未遂になってしまった。年が明けての元日は息子らの家族が集い、団欒の日。二日は終日の年始回りとなったため初撮りは本日となってしまった。予報では気温は午後には22℃まで上がるものの天気はくずれる見込みである。10時ごろから晴れ間がでてきたので日差しのあるうちに何とか蝶が撮れればと思い、近場のポイントへ急いだ。気温は20℃程度で風は無く雲間には明るい青空が見える。川沿いにはベニツツバナやインパチェンス、センダングサの花が咲いていて吸蜜源も十分である。
この時期の主役・リュウキュウアサギマダラが30頭ほど飛びまわっていた。他にはツマムラサキマダラが3頭、リュウキュウミスジ2、イシガケチョウ1、シロオビ1、ウスキシロチョウ?1、ジャコウアゲハ2、ツマベニチョウ4といったところ。晴れ間が半日でもあれば、蝶の種類や数もまだ増えたと思われるが30分ほどで陰ってしまった為、正午前には早々に切り上げ帰宅となった。ともあれ、初撮りも一応の成果はあったので、まずは順調なスタートがきれて嬉しい。新たな気持ちで一日を積み重ねていきたい。
                                       ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_22453086.jpg

f0083281_2246162.jpg

f0083281_2247092.jpg

f0083281_22471987.jpg

                                       ※ ↓ インパチェンス
f0083281_22473635.jpg

                                       ※ ↓ ツマベニチョウ
f0083281_22485083.jpg

                                       ※ ↓ 民家の庭のシークヮーサー
f0083281_2254298.jpg

[PR]
by mhidehide | 2014-01-03 22:53 |

晩秋の蝶(撮影・11月21日)

f0083281_22292498.jpg

 晴天であれば11月といえども残暑を感じる日も少なくない沖縄だが、今年は肌寒い日が多い印象である。
ここ数日、日中の気温も20℃以下の日が多く、寒がりやのカミさんなどは早や冬のよそおい(笑))
なにしろ、25℃を下回れば寒さを感じる過敏な神経の体質のようで「今日は冷えるね・・」とノタマウのである。
ましてや最高気温が20℃以下になれば、すっかり着ぶくれ、更にはジャンパーまで羽織っている有様である。ここ数日来やんばるでは最低気温が16~17℃、最高気温も20℃以下の日がつづいている。これはウチナーンチュにとっては、まさに真冬の気温であり、蝶もさぞやとまどっていることだろう。
 前回のブログ更新後、撮影を予定した日が悪天候のため何度も順延になり、待ちかねたこの日は、かねてから約束があったTさんと撮影にでかけた。いつものポイントを散策しながらTさんから得た情報によれば、現在、全県的にホリイコシジミが発生しているようだ。また、イシガケチョウが少なく、ツマムラサキマダラやリュウキュウアサギマダラが多いような印象だという。確かにリュウキュウアサギマダラに限って言えば拙宅の庭でも食草のツルモウリンカの葉が全く無い状態であり、今朝も幼虫が葉を探して蔓を這いまわっていた。
 この日は晴れの予報で日中の気温は22℃まで上がったが、午前中は生憎の曇天。ときおり雲間から日が差し込むと蝶が顔を出すという状況だった。フィールドでは確かにリュウアサやツマムラが多く、この時期チョウが群がるフカノキでもイシガケチョウはチラホラでツマムラやリュウアサがとびまわっていた。数か所のポイントをまわってみても同様な状況に変わりなく、イシガケの賑わいが見られなかったのは淋しいかぎりであった。けれども、滅多にみれないムラサキツバメやムラサキシジミの開翅が見れたことは大きな成果である。
※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_23315353.jpg

f0083281_23324238.jpg

                                 ※ ↓ ツマムラサキマダラ
f0083281_2334393.jpg

                                 ※ ↓ キチョウ
f0083281_23352558.jpg

                                 ※ ↓ アカタテハ
f0083281_23354495.jpg

                                 ※ ↓ アサギマダラ
f0083281_23361134.jpg

                                 ※ ↓ クロセセリ
f0083281_23364487.jpg

                                 ※ ↓ アマミウラナミシジミ
f0083281_2337850.jpg

                                 ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_23372893.jpg

f0083281_23374713.jpg

                                 ※ ↓ ホリイコシジミ
f0083281_2338888.jpg

                                 ※ ↓ ナミエシロチョウ
f0083281_23383630.jpg

                                 ※ ↓ ナガサキアゲハ 
f0083281_233939.jpg

                                 ※ ↓ ムラサキシジミ
f0083281_23393521.jpg

                                 ※ ↓ ムラサキツバメ
f0083281_23401569.jpg

                                 ※ ↓ ツマベニチョウ
f0083281_2341748.jpg
f0083281_23413286.jpg

                                 ※ ↓ ジャコウアゲハ
f0083281_23415931.jpg

                                 ※ ↓ ウスイロコノマチョウ
f0083281_2343887.jpg

※ 上記の他に見かけた蝶
シロオビアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ウスキシロチョウ、ウラナミシジミ、ルリウラナミシジミ、オオゴマダラ、テングチョウ、アオタテハモドキ、タテハモドキ、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、イシガケチョウ、オキナワビロウドセセリ、クロボシセセリ、チャバネセセリ、ウラナミシジミ。
[PR]
by mhidehide | 2013-11-22 23:45 |