「ほっ」と。キャンペーン

ウカチョクのリュウアサほか

 5月24日更新のブログでUPしたリュウキュウアサギマダラの幼虫は、その二、三日後までには全て姿が見られなくなってしまった。どこか他の場所で蛹化したのか天敵にやられたのか定かではない。けれども、その後、別のツルモウリンカでも終令幼虫らしきものを見つけたので、毎日チェックしていた。
しかし、そこでも又、数日後には姿をくらましてしまったのである。『部屋で飼っておけばよかった・・』と後悔したのだが・・後の祭り。
ところが昨夕、ふと思いついてその食草の周囲をくまなく捜したところ、食草の隣のホシアザミの葉裏に、黒くなった蛹がひとつ、ぶら下がっていたのである。
その葉は地面に近く、羽化の様子を観察するには不向きだったので、蛹のついている葉をとり、近くの木の葉の裏にテープではりつけ、観察することにした。その時、私としては翌日には羽化が見られるかもしれないと思っていたのである。
今朝、6時半ごろ、その場所へ行ってみると、地べたに小さめのリュウキュウアサギマダラがいた!微風に翅が弱々しく揺れている。
蛹を見るとすでにモヌケノカラとなっていたので、夜の内か早朝にでも羽化したものと思われる。何故か後翅が少し傷んでいた。
蛹(殻)と蝶を明るい場所へ移し、写真を撮る。蝶は、翅がまだ固まってない為か羽ばたくことも無くじっとしていた。
15分ほどで、しだいに体全体がシャキッとしてきた。そのうちに、ヤマトシジミとナガサキアゲハが現れたので、それに夢中になっている間に、リュウキュウアサギマダラは飛びたってしまった。
                               ※リュウキュウアサギマダラの蛹(ヌケガラ)
f0083281_23104953.jpg

                               ※リュウキュウアサギマダラ
f0083281_23114632.jpg

f0083281_23123899.jpg

                               ※ヤマトシジミ
f0083281_23133759.jpg

                               ※ナガサキアゲハ♀
f0083281_23143140.jpg

f0083281_23153680.jpg

                                                            
[PR]
by mhidehide | 2008-06-09 23:15 |
<< 今年、初のフタオ(成虫)撮り(... タイワンアサギマダラ出現!・5... >>