コノハチョウの幼虫(※4月19日撮影)

 前回のブログ更新後、二度ほどフタオをねらって出かけたが、1度だけ、それらしき蝶の飛翔を目にしただけで、めぼしい成果は無かった。
四月に入り、初夏の陽気に恵まれてはいるものの、例年に比べて何故か蝶が少ない。この日、Tさんに誘われ、Aさん、私の3名で、朝からやんばるのポイントを数箇所まわった。天気もよく、気温も25℃まで上ったというのに、目につくのはジャコウばかり。『なんでやねん?』と訝りながら歩き回っていると、ベニモンアゲハやオオシロモンセセリがボチボチ現れてくれた。ソテツの新芽にクロマダラソテツシジミを探したが見つからない。同行の二人は、ベニモンやオオシロモン、フタオなどをGETしたというのに、私の成果は最後のポイントを訪ねるまではイマイチであった。
コノハのポイントでトラップをしかけ、足元の食草を見ながら談笑していると、Aさんが三匹もの幼虫を見つけるという大殊勲☆一同、初見とあって興奮しきりで撮りまくった♪幼虫を撮り終えたところで、トラップをみると、これまた3頭もの成虫がお食事中であった☆
 お食事といえば、この日は野山を歩き回りながら桑の実をほおばったり、野生のグラジオラスの甘い蜜を啜ったり、夕方には揃って友人のレストランで食事をするなど、味覚を楽しんだ一日でもあった。
f0083281_23563570.jpg

f0083281_23543266.jpg

f0083281_23555543.jpg

f0083281_2357946.jpg

f0083281_2357479.jpg

f0083281_23582298.jpg

[PR]
by mhidehide | 2008-04-23 23:58 |
<< スキー体験旅行 オキナワカラスアゲハ・ほか >>