「ほっ」と。キャンペーン

オキナワカラスアゲハ・ほか

 今年の冬は蝶が少ない。去年などは、最も寒い2月でもコノハチョウなどが撮れたのに今年は3月になっても蝶の出足がイマイチである。20℃超の日は結構あり、今月は、最高気温24℃の日もあったのに、近場のフィールドでは蝶の姿はチラホラといった程度であった。
今日は兼ねてから約束していた強運メンバーに加え、本土から来られたTさんの友人も含め総勢6名での遠征である。
狙いはオキナワカラスアゲハとリュウキュウウラボシシジミ。
最初のポイントの公園で8時30分に待ち合わせたところ、開園が9時ということで門扉が閉ざされていた。ところが幸いにも偶々、職員が早めに来たため、待つこと数分にして入園OK。さすが強運メンバーである。山中の公園のため、しばらくは気温も上がらず、目指すアゲハも2頭ほどしか現れない。
『・・・マ、こんな日もアルサ・・』と思いつつ、そろそろ切り上げて、リュウキュウウラボシのポイントへ移動しようとした矢先に綺麗なオキナワカラスアゲハが飛んできた。それまでの埋め合わせをするかのように全員にシャッターチャンスをプレゼントしてくれたのである。
一同、すっかり気をよくして、次のポイントへむかったところ、そこには先客のネットマンが二人も!「ウラボシは出てません」とノタマウ。
「相手がネットマンだから出て来なかったんだョ」などと話しながらポイントへ入るとイキナリ3頭のリュウキュウウラボシシジミがヒラヒラ躍り出てきた♪
春風に混じって『ようこそ、お待ちしてました』と言う蝶さんの声が微かに聞こえたような(^^;、
f0083281_22234353.jpg

※アオスジアゲハ
f0083281_2225076.jpg

※ジャコウアゲハ
f0083281_22271889.jpg

※リュウキュウヒメジャノメ
f0083281_22284398.jpg

※ルリタテハ
f0083281_22294094.jpg

※ツツジ
f0083281_22305783.jpg

※オキナワカラスアゲハ
f0083281_2232561.jpg

f0083281_22325434.jpg

f0083281_22333372.jpg

f0083281_2234199.jpg

※リュウキュウウラボシシジミ(夏型は10mm以下のもおり日本最小の蝶と言われている)
f0083281_22351935.jpg

f0083281_2236357.jpg

[PR]
by mhidehide | 2008-03-20 22:42 |
<< コノハチョウの幼虫(※4月19... リュウキュウアサギマダラの集団越冬 >>