クロマダラソテツシジミ(低温期型)ほか

 先週、2度ほど蝶友のTさんらと出かける予定でいたのに、急用などの為やむなく参加を見合わせた。その後、Tさんから送ってもらったクロマダラソテツシジミの幼虫や蛹の写真を見て、かなりストレスを溜め込んでいたところ、昨日は天気もよく、風も弱い絶好の蝶日和!
午後からボランティアの仕事もあったのだが、とてもじっとしてはいられない。
勇んで家を飛び出し、午後の予定時間ぎりぎりまで蝶タイムをムサボルことにした(^^;
Tさんにポイントを確かめるつもりでいたのに、それも無しで出かけたのだが、隣村の小さな離島のことでもあり、どうにか見られるだろうと楽観していた。
ソテツが自生している草原を30分ほど歩いているうちに、数頭のシジミチョウを目撃☆
せわしく移動をくりかえすものの、根気よく追っかけていると、ほどほどに静止してくれた。
クロマダラの低温期型は、灰色がかった白がなかなかシックな色合いである。
目的の蝶が撮れたことにも大いに満足であったが、この日、リュウキュウムラサキの初見のタイプにあったのはそれ以上にインパクトがあった。
全開翅の状態を目撃したときは、あまりの美しさにカメラをもつ手が震えるほどの興奮!
熱帯産の蝶のようなメタリックな色に息を呑んで、近づくと、フワッ~と舞い上がり、近くに移動した。こんどは半開翅の状態になって静止。けれど、なんとしたことか!?途端に極彩色の模様は全く影を潜めてしまったのである。(泣)
帰宅後、図鑑を開いてみるとリュウムラの海洋島型や異型間交雑個体に近い印象であった。
             
                            ※島より本島を遠望
f0083281_11505893.jpg

                            ※ベニモンアゲハ
f0083281_11174710.jpg
 
                            ※クロマダラソテツシジミ(低温期型)
f0083281_11182698.jpg

                            ※リュウキュウアサギマダラ
f0083281_11192295.jpg

                            ※オオゴマダラ
f0083281_1119542.jpg

                            ※ウラナミシジミ
f0083281_11273743.jpg

                            ※ウラナミシジミ(閉翅)
f0083281_11523512.jpg

                            ※リュウキュウムラサキ
f0083281_1120279.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-12-07 11:28 |
<< 続・クロマダラソテツシジミ(低... カバマダラ交尾ほか >>