アマミウラナミの半開翅

 今日の天気予報では『終日、曇りで最高気温18℃』であったが、正午ごろから予報がハズレて晴れたので、久しぶりに名護岳へ出かけた。山道を歩いていると汗ばむほどである。
名護岳はトレッキングコースがあるので、そこを散策して新緑を楽しんだ。この時期はツツジにカラスアゲハが吸蜜にくることが多いので期待していたが途中、二、三頭とすれ違っただけで残念ながらシャッターチャンスには恵まれなかった。
羽化直後のようなイキのいいモンキアゲハとアサギマダラに会ったが、これも思わせぶりに周辺を飛び回るだけでとまってくれない。
リュウキュウヒメジャノメが道案内のように、そこここで纏わりつく様に現れた。
一休みをして昼食をとっていると、ブルーのシジミチョウが翅を煌かせて目の前の小枝にとまった。慌てて、カメラを手にして、静かに近づく。ルリウラナミかと思い、焦ってしまった。
目線より高い位置にいるので腕を伸ばしてシャッターを切った。
アマミウラナミであったが、これまで閉翅しか撮れてないので、嬉しい半開翅!
本日の大きな収穫である☆
f0083281_1952492.jpg

f0083281_19522853.jpg

f0083281_19525113.jpg

f0083281_19531958.jpg

f0083281_19534265.jpg

f0083281_1954098.jpg

f0083281_1954167.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-03-12 19:54 |
<< 気まぐれな天気 久しぶりのフィールド >>