風の強い一日/2月23日撮影

 昨日の朝、どこから迷い込んだか蝶が室内を飛んでいた。野外とは勝手が違うためか、長く飛び回ることはなく、すぐに箪笥にとまった。リュウキュウミスジだ。
先日、イワカワが室内で羽化するハプニングがあったばかりだが、わが家はこの頃、蝶づいているだようだ(^^)
昨日は、晴れときどき曇り。最高気温は20℃超であったが生憎と終日、風があった。
風の強い日は、蝶の吸蜜も慌しく、ゆっくり撮れないことが多い。たいして期待は出来そうにないが、家に蝶が訪ねて来てくれたこともあり、なんとなくフィールドへ出かけたくなった。
午後2時過ぎ。陽射しが強く、歩いているとすぐに汗ばんでくる。
途中、トックリキワタの実がはじけて白い綿が風に揺れていた。
最初に会ったテングチョウは、砂利道へ降りたところを撮らせてもらった。シロオビ、イシガケ、ルリタテハ、ツマベニ、キチョウなども見かけたが、素通りしてすぐに消えてしまった。
やはり、ゆっくり吸蜜する蝶は少ない。たまにインパチェンスやセンダングサなどで気紛れに吸蜜するのもいるが、たちまちのうちに飛び去ってしまう。日向ぼっこをしながら翅を休めるジャコウアゲハやヤマトシジミがどうにか撮れただけであった。
帰りがけに見つけたバライチゴが熟れはじめていた。よく熟れた実を二、三、ほおばり、甘酸っぱい野性の味わいを楽しみながら、早々に引き上げた。
f0083281_1511366.jpg
f0083281_1521398.jpg

f0083281_1524896.jpg

f0083281_1533872.jpg

f0083281_1542115.jpg

f0083281_156253.jpg

f0083281_2174146.jpg

f0083281_218283.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-02-24 02:08 |
<< 久しぶりのフィールド あわや迷蝶騒動 >>