久しぶりの蝶

 今日は久しぶりの晴天。しかし気温は18度までしか上がらず、フィールド行きは諦めていたが昼過ぎごろから陽射しが暖かく感じられたので駄目モトで近場へ向った。
ノゲイトウのホームでは数匹のオオハナアブが吸蜜しているだけで蝶の姿は見えない。
しばらく待っているとキチョウが2頭やってきたが、吸蜜もせず、せわしなく飛び去ってしまった。その後、野生のランタナを撮りながら30分ほど待ってみたが蝶影は全く見当たらないので1キロほど離れた他のフィールドへ移動することにした。
そこは、日あたりもよく、風もさほどは感じられないせいか、二、三のジャコウアゲハやツマベニチョウが入れ替わりに行き来している。ナミエシロチョウ♂や擦れたアカタテハも目の前を飛翔していった。ジャコウは桜で、ツマベニはインパチェンスでそれぞれ吸蜜をはじめたが、申し訳程度に二、三度、花を移動したかと思うと、いきなり舞い上がり、木の葉に止まって翅をひろげたりしている。日向ぼっこでもしているのだろうか。
2時間ほど、追っかけをして、草地に降りたツマベニと吸蜜中のジャコウをどうにか撮ることができた。どうやら18度では、落ち着いて吸蜜というわけにもいかないようである。
※文中、オオハナアブとあるのは、当初ミナミオオハナアブとしていましたが、茨城さんのコメントの通り、同定に間違いがありましたので、訂正しました。
f0083281_1941324.jpg
f0083281_19423664.jpg
f0083281_19431726.jpg
f0083281_1944136.jpg
f0083281_19443166.jpg

[PR]
by mhidehide | 2007-01-25 20:17 |
<< カンヒザクラとジャコウアゲハ 蝶を待つ花たち/1月23日撮影 >>