久しぶりの太陽

 曇りや雨の日が一週間以上も続いた後に、陽射しのまぶしい朝がやってきた☆
晴れた日の朝は小鳥の鳴き声でにぎわう。最近よく見かけるシロハラが庭の芝生をつついて虫でも探している様子である。目白も小枝に刺したシークヮーサーをついばんでいる。昨日までの寒気は影を潜め、明るく、あたたかな気持ちのいい朝である。
正午ごろには気温も22℃まで上がった。蝶たちの様子が気になっていたので、昼食後に、とりあえず近場のポイントへ出かけた。
山間の道に入ると、ツマベニチョウ、ナガサキアゲハ♂、リュウキュウアサギ、ナミエシロチョウなどがチラホラ飛んでいる。これならポイントではかなりの蝶がみられそうである。
鼻歌気分でポイントへ着くと、ツマムラ、リュウキュウアサギ、ツマベニ、ナガサキアゲハ♂などの、いつもの面々が吸蜜していた。今日は前回に比べると少なめである。次々入れ替わりながらも常時10頭ほどが吸蜜していた。オキナワビロードセセリがノゲイトウで吸蜜するのとツマムラサキマダラやアサギマダラがツルソバで吸蜜するのを初めて見かけた。
f0083281_20265648.jpg
f0083281_20273772.jpg
f0083281_20283119.jpg
f0083281_20285782.jpg
f0083281_20304037.jpg
f0083281_2165392.jpg

[PR]
by mhidehide | 2006-12-20 21:04 |
<< 蝶は太陽が好き 私なりの冬日 >>