イシガケチョウ

   ありふれた蝶ながら、これまで閉翅が撮れなかったのを昨日、ついに成功☆
f0083281_10531741.jpg
f0083281_105418100.jpgイシガケ蝶は、やんばるでは周年見られる普通種である。自宅のブロック塀に這わせたオオイタビもこの蝶の食草なので、たまに産卵中のをみかけることがある。
庭を飛び回っているのは珍しくもなく、滅多なことでは食指もうごかない蝶なのだが、閉翅の状態には何故かこれまで、お目ににかかったことがなかった。
吸蜜中は翅を開いた状態が多く、休憩も葉の上や葉裏で羽をひろげた状態が多いのである。
ところが昨日、庭で吸水中のイシガケが翅をたたんでいた!
はやる心をおさえて、しゃがんだ姿勢のままカメラを構えつつにじり寄る。☆ダルマサンガコロンダ作戦。途中で郵便やさんがポストに郵便物を入れる気配を後に感じたが、振り向きもせず(格好が照れ臭いこともアリ(^^;慎重に接近した。翅裏も表とたいして変りはない。
[PR]
by mhidehide | 2006-06-04 11:14 |
<< オキナワハンミョウ ツマグロヒョウモン♂の羽化 >>