「ほっ」と。キャンペーン

ツマグロヒョウモン♂の羽化

  ☆羽化は思いがけぬ時間帯に始まっており、気がついたときには・・・終っていた。 
f0083281_9332737.jpg
f0083281_934062.jpg数日前から蛹になったのを部屋で観察していた。筆立てに蛹のついた枝を立てて固定し、見守っていると羽化の二日前から、色が湿ったような感じになったので、そろそろかと思っていた。
私の勝手な思い込みで、羽化はなんとなく明け方に始まるのだろうと決めてかかっていた。夜中だと飛び立てないので、都合が悪かろうというのがその理由である。
ところが、羽化は夕方始まっていたようである。午後4時ごろ蛹をみたときは、とりたてて変化はみられなかった。6時過ぎに見ると蝶は翅もすっかり乾いた状態で蛹のついていた竹の小枝を上下している。『OH MY !』決定的瞬間を見逃してしまった。残念無念!
覚束ない足取り。枝も短いので、長めの竹の定規に換えてやると、先まで登りつめておとなしくなった。翌朝、晴れ間になった9時半ごろ庭に出すと、いきなり高い梢に飛びあがり、30分ほどとまっていたが、その後、私に一瞥もくれず(^^;一気にとび去っていった。
[PR]
by mhidehide | 2006-06-02 10:07 |
<< イシガケチョウ ハルシャギク >>