余震のような衝動(6月29日撮影)

f0083281_654655.jpg

 前回の撮影でイワカワが撮れなかったという無念さは私の心にしこりのように強く残っていた。
昨日はTさんと撮影にでかける予定があったので、そこでリベンジを果たすつもりでいたのだが生憎の微妙な空模様。私としては雨の予報があるにせよ決行したかったのだが『曇天ではクリアな写真が撮れない』というTさんの一言で納得して中止にすることになった。それでもイワカワ・リベンジにはやる私の気持ちはおさまらない。早朝の空をみると、名護上空は概ね青空も散見される薄曇りで、日差しもある。このまま晴れそうな気もするが、遠く本部半島の上空には厚い灰色の雲の峰が続いている。Tさんが那覇からここへくるまでには天候が急変するかもしれない。それでも私は近場で午前中だけでも撮りたいという気持ちが強くなった。この気持ちは前回、遠路はるばる来た蝶友たちとの撮影行の余震のようなものかもしれない。
それに、なんとなくイワカワが現れそうな予感にかられ、家を出た。車を道路脇の空き地にとめ、ゆっくりあたりの様子をチェックしながらポイントを散策した。イワカワがとまっていそうな木の枝をゆすってみたりしながらいつもより周到に動き回ったのだが、この日も遂にイワカワには会えず終いとなった。
むし暑い一日。帽子や衣服は汗でぐっしょり濡れ、体に張り付いている。目をギラギラさせながら、絶えずボトルの水を飲みのみ、ゆっくり歩き回った。カメラを手にしてなければ不審者にみえたかもしれない。(笑)
幸いにも天気はまずまずの状況で撮影中は崩れることはなかった。家にいれば暑さで参っていたかもしれないが好きなことをしていれば炎天下でも楽しい時間が過ごせる。人は実に面白い生き物である。
※ ↓ ツマベニチョウ
f0083281_8234937.jpg

f0083281_8241773.jpg

                                           ※ ↓ ムラサキシジミ
f0083281_8591311.jpg

                                           ※ ↓ タイワンクロボシシジミ
f0083281_2304939.jpg

f0083281_2332862.jpg
※ ↓ シロオビアゲハ
f0083281_903170.jpg

f0083281_905928.jpg

                                           ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_922633.jpg

f0083281_932327.jpg

f0083281_93438.jpg

                                           ※ ↓ ウスイロコノマチョウ
f0083281_96898.jpg

                                           ※ ↓ 
f0083281_973110.jpg

f0083281_975187.jpg

                                           ※ ↓ アオタテハモドキ 
f0083281_985661.jpg

                                           ※ ↓ ナガサキアゲハ
f0083281_9101836.jpg

f0083281_9104280.jpg

                                           ※ ↓ ウスキシロチョウ
f0083281_9112336.jpg

※上記の他に見かけた蝶
ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、モンキチョウ、キチョウ、ナミエシロチョウ、モンシロチョウ、ウラナミシジミ、アマミウラナミシジミ、ヤマトシジミ、クロマダラソテツシジミ、リュウキュウアサギマダラ、ツマグロヒョウモン、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、フタオチョウ、イシガケチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、
[PR]
by mhidehide | 2014-06-30 08:23 |
<< ことし初のイワカワシジミほか(... 梅雨の最中・蝶友来る(撮影6月... >>