「ほっ」と。キャンペーン

イワカワシジミの日(10月2日撮影)

  リュウキュウウラナミジャノメやリュウキュウウラボシシジミなどをお目当てにTさんとやんばるのポイントをまわった。気温も高く、強い日差しが照りつける生憎の日和である。
いつものように山中の道路沿いを散策したがウラナミジャノメはTさんが一頭見つけたのみで私は撮れなかった。
あたり一帯のセンダングサにはオオゴマダラやリュウキュウアサギマダラ、ウラナミシロチョウほか数種の蝶が飛び交い、吸蜜や求愛でにぎわっていた。しばらくして、Tさんがイワカワシジミを見つけると、それをしおに面白いようにイワカワシジミがそこここで吸蜜しているのに気づいた。
イワカワは通常、単独でさりげなくクチナシの葉などに静止していることが多く、滅多に会えない蝶である。
それがセンダングサの花でゆっくり吸蜜しているのだ。二人の撮影者が絶えず、周りを動き回っているのというのに側に来てカメラを向けても何ら頓着する気配もない!同じ花で数分以上も吸蜜しているのもざらにあり、UPも撮り放題。実にありえないラッキーな体験であった。ひととおり撮ったあと沢に降り、リュウキュウウラボシもなんとか撮影。その後、ひさしぶりにベニモンアゲハも撮れ、もとの場所へ戻ってみるとイワカワ集団は移動もせず、悠然と吸蜜を続けていた。♂の美しいブルーの開翅こそ撮れなかったものの、10数頭ほどのイワカワを心ゆくまで堪能した記念すべき≪Iwakawa's Day≫となった。
                              ※ ↓ イワカワシジミ
f0083281_1753465.jpg

f0083281_1771928.jpg

f0083281_1774535.jpg

f0083281_1781942.jpg

f0083281_178451.jpg

f0083281_1792096.jpg

f0083281_17105213.jpg

                               ※ ↓ リュウキュウウラボシシジミ
f0083281_17131518.jpg

f0083281_17135954.jpg

                               ※ ↓ ベニモンアゲハ
f0083281_17155659.jpg

f0083281_17162128.jpg

f0083281_17173599.jpg

                               ※ ↓ タテハモドキ
f0083281_17182456.jpg

※上記の他に見かけた蝶
ジャコウアゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、カラスアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、
ウスキシロチョウ、ナミエシロチョウ、ツマベニチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラ、アオタテハモドキ、アカタテハ、ヒメアカタテハ、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、イシガケチョウ、アオバセセリ、クロボシセセリ、チャバネセセリ。
[PR]
by mhidehide | 2013-10-03 17:18 |
<< 台湾の蝶(撮影10月7日・8日... 晩夏の蝶(撮影9月26日) >>