梅雨の晴れ間に(撮影・5月31日)

f0083281_22101041.jpg
 
 前回の更新から2ヶ月も経ってしまった。今年は宮良長包(みやら・ちょうほう)という沖縄の作曲家の生誕130年記念音楽祭が6月22日に開催される。その演目のなかに県内の合唱団が集う200名余の大合唱があるが、私の属するコーラスグループも参加しており、3月以降、毎週1回もの練習で毎日が多忙を極めている。趣味の活動で楽しんで参加しているとはいえ、練習場所が那覇市であり、車で往復4時間もかかるので結構ハードである。そんなわけでフィールドへもついついご無沙汰してしまった。
この日はかねてからTさんと予定していたコノハの撮影がやっと実現した。なにしろ只今、梅雨のまっただ中。雨で予定が順延になり辛うじて実現したのだ。午前中は雲行きも怪しく山は中腹までガスに覆われていた。30℃を越す高温で湿度が高く蒸し暑いことこの上なし。けれど蝶さんたちにはお誂えのむきの日和とみえ、小雨をものともせず蝶が飛びまわっていた。とくにイシガケチョウの乱舞が至る所でみられた。集団吸水もそこここで見られ、最も多いところでは数十頭の吸水が見られた。
イシガケの集団が撮影中、一斉に飛び立った瞬間、二人とも蝶の乱舞のなかに立ちつくし≪凄い!蝶吹雪ですねコレは♪≫とTさんが歓声をあげたほど。
この日、お目当てのコノハチョウもポイント周辺のいたるところで数頭が活発に飛びまわっていた。
かなり多くのシークヮーサーの樹液が出ていたためか、トラップにはさほど執着する様子はなく、むしろ人間に興味を示し?全くの無警戒のまま、我々二人の帽子や肩や手に幾たびか止まり、記念撮影に応じてくれるというサービスぶり♪
昼前の1時間ほどの降水時以外は絶えずシャッターを切りまくりで久しぶりに撮影を堪能した。
                       ※↓ イシガケチョウ
f0083281_22175677.jpg

f0083281_22184795.jpg

f0083281_22192571.jpg

                       ※↓ シロオビアゲハ
f0083281_22201648.jpg

                       ※↓ モンキアゲハ
f0083281_22211459.jpg
f0083281_22213715.jpg

                       ※↓ ナガサキアゲハ♀
f0083281_22231014.jpg

f0083281_22234171.jpg

                       ※↓ ノアサガオ
f0083281_22244241.jpg

                       ※↓ ツマベニチョウ♀
f0083281_22262924.jpg

                       ※↓ ルリタテハ
f0083281_22273281.jpg

                       ※↓ クロマダラソテツシジミ
f0083281_22284318.jpg

                       ※↓ ナミエシロチョウ♀
f0083281_22295252.jpg
f0083281_22301793.jpg

                       ※↓ コノハチョウ
f0083281_22311067.jpg

f0083281_22313842.jpg

f0083281_22321869.jpg

f0083281_22343778.jpg

f0083281_2235137.jpg

※上記の他に見かけた蝶
アオスジアゲハ、キチョウ、モンシロチョウ、カバマダラ、テングチョウ、ツマグロヒョウモン、アオタテハモドキ、アカタテハ、リュキュウミスジ、リュウキュウヒメジャノメ。
[PR]
by mhidehide | 2013-06-01 22:34 |
<< クロセセリの変異型(撮影6月12日) 本命は撮れずとも・・・(3月3... >>