ヤハズカズラ

 花を包む苞葉が矢筈(矢の末・弦にかける部分)の形に似てるところが命名の由来だとか。
f0083281_962639.jpg
f0083281_975948.jpg2年前、近所の垣根に群れて咲いていた花。あまりに見事な咲きっぷりをみて車庫の日除けにすることを思いついた。わが家の車庫はアルミの柱と梁の上にビニールトタンを張っただけの簡易なもので壁が無く、夏は陽が差し込み車内が熱くなるので困っていた。
 蔓の先を10cmほど分けてもらって挿し木にし、根付いて分岐したものを次々挿し木で増やしてきた。今では1間幅くらいの緑の壁になり、ハート型の葉と可愛い苞と黄色い花は年中、絶えることがない。
ネットで検索したところ、この花の英国名は Black eyed Susan vine(黒い瞳のスーザン・カズラ)だそうな。イギリス人なら抵抗無く口にする名前かもしれないけれど、たとえば花屋で日本のオジサンが「あのぅ、黒い瞳のサヨちゃんカズラありますか?」なんて・・・言いにくい(^^;
[PR]
by mhidehide | 2006-04-26 09:32 |
<< 野の百合(テッポウユリ) ジャコウアゲハ >>