「ほっ」と。キャンペーン

ジャコウアゲハ

 ジャコウアゲハは1月が第1羽化のピークのようで、桜に乱舞する姿が印象に残っている。
f0083281_6113795.jpg
f0083281_6131515.jpg一昨日、仲間とウォーキング。楽しい1日であったが同時に私にとっては色んな蝶を横目に、涙をのんだ一日でもあった。
それにしても撮る余裕のないときに撮りたい蝶があらわれるのは何故(^^;
 その日も8名の仲間とひたすら歩いていると道々、道路脇のセンダングサにアサギマダラ、ツマムラサキマダラなどがヒラヒラ翅を見せつけながら吸蜜している。
ツマムラサキの開翅は未だ撮れてないので、輝くばかりのムラサキ色に心はときめく。
最後尾の私は、これ幸いと立ち止まり、そっと側へよると蝶は、さりげなく2mほど移動した。
後を追うと、また別の花へ・・・。いっそ遠くへ逃げてくれれば諦めもつくものを「・・別に恐がってるわけでもないのょ♪」といわんばかりの僅かな移動なのである。そのうち、仲間の姿が小さくなり、私の方をチラチラ振り返る顔が・・・。蝶をうらめしく思いながら、急ぎ足でみんなに追いつく。
こんなことの繰り返しで我ながら呆れてしまう。
労多くして成果は少なく、まともに撮れたのは昼食時の、このジャコウアゲハだけだった。
[PR]
by mhidehide | 2006-04-24 06:43 |
<< ヤハズカズラ ウラナミシジミ >>