フタオ祭り(6月15日撮影)

f0083281_11303929.jpg
 
 今月に入ってから雨のために撮影が二度も流れてしまった。他の用事で撮影に行けぬときは絶好の日和もあるのに、天気だのみの撮影日に限って、続けて予定を台無しにされるとお天道様がうらめしくなる。この日も前日の出陣予定が雨で駄目になった後、Tさんから「明日は午後から晴れの予報なので午後からでも出かけませんか?」というお誘いがあり出かけることになった。
フタオ2化の発生まっただ中であり、来週は台風にも見舞われそうな予報なので午前中の用事を済ませると急いでポイントへ向かった。この日の午前中は小雨がちらつき、フタオが出るかどうか危ぶまれる空模様。けれども幸い昼前ごろから一転、晴れ間がでてきた♪ポイントへつくと先に着いたというTさんが「沢山とんでますよフタオ祭りです!♪」と歓声をあげている。
前日の雨の後なのでフィールドは蒸し暑く、かなり風がふいているのに汗でぬれたシャツが乾かない。終始、汗だくのままの撮影ながら、数時間のあいだに10頭以上のフタオが入れ替わりで林のなかを飛び回っていた。
※吸汁中のフタオは割と容易に撮れるものの開翅のシーンはなかなか見られない。けれども今日はTさんの機転でフタオを開翅させることに成功した。(最後の2コマの写真)
およそ30分以上も吸汁に夢中になっているフタオの翅の間に草の葉を差し込み軽くゆするとフタオはうるさそうに翅ばたき葉から逃れるもののストローはトラップに差し込んだまま。何度か同じことを繰り返すと、吸汁をあきらめ、翅を少しづつ開きながら全開し即、飛び立っていった。
                         ※ ↓ アマミウラナミシジミ
f0083281_11311799.jpg

                         ※ ↓ クロツバメ
f0083281_11314960.jpg

                         ※ ↓ イシガケチョウ
f0083281_11321919.jpg

                         ※ ↓ テングチョウ
f0083281_11331720.jpg

                         ※ ↓ ツマムラサキマダラ♀
f0083281_11334339.jpg

                         ※ ↓ ツマムラサキマダラ♂
f0083281_1134637.jpg

                         ※ ↓ フタオチョウ
f0083281_11345578.jpg

f0083281_1135255.jpg

f0083281_11355975.jpg
f0083281_1136581.jpg

f0083281_11372491.jpg

 ※上記の他に見かけた蝶
アゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、モンキチョウ、ウスキシロチョウ、キチョウ、イワカワシジミ、ヤマトシジミ、リュウキュウアサギマダラ、ツマグロヒョウモン、アオタテハモドキ、アカタテハ、リュウキュウミスジ、スミナガシ、ウスイロコノマチョウ、クロセセリ。
[PR]
by mhidehide | 2012-06-16 11:37 |
<< 梅雨明けの日、蝶友来る(6月2... 蝶との出会いの妙(5月19日、... >>