待望の1化のフタオをGET!(撮影3月24日)

 地元の蝶友・AさんやTさんは既に1化のフタオは撮影済みであり、私だけが遅れをとっている。
『夏になればフタオは撮れるのだし、そう急くこともない』とは思いつつ仲間がいい写真を撮ったとなれば自分としても撮りたくなるのが人情というもの。この日は気温22℃で数日ぶりの晴天である。Tさんからの誘いがあり勇んでフィールドへ向かった。まずはミカドやウラボシのポイントへ。ところがポイントへ着いてみると、シークヮーサーの花は盛りを過ぎ、花の散りかけた木がめだつ。ジャコウやアオスジやビロードセセリはチラホラ吸蜜しているがミカドはしばらく待っても姿をみせてくれない。とりあえずはウラボシのポイントを先にすることにした。少し風があるせいかウラボシの姿も見当たらない。結局、先日、Tさんがフタオを見つけたというポイントヘ移動。
そこではリュウキュウアサギマダラで賑わっており、アサギマダラやビロードセセリなどの蝶も活発に飛び回っていて、かなり蝶影が濃い♪ ミカン山に至るまでの道々、撮影をしながら、木の枝にトラップを置いてまわった。ツマムラやイワカワ、ウスイロコノマチョウなどもあらわれ、ついには昼前にフタオが三頭、頭上を旋回し始めた。けれども1時間ほどまってもトラップに降りる様子がみれないので、他の蝶を撮りながらトラップを置いた箇所を巡回しているとフタオ♂が一頭ひっそりトラップでお食事中!携帯でTさんに連絡するまもフタオの動きを見つめ続けていた。
やっと撮れた1化のフタオ、そのうえラッキーにも帰りがけに寄った最初のポイントでミカドやウラボシをも撮れたのである☆
                  ※ ↓ モンキアゲハ
f0083281_23302560.jpg

                  ※ ↓ ジャコウアゲハ
f0083281_23305912.jpg

                  ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_23313744.jpg

f0083281_23324876.jpg

f0083281_2333991.jpg

                  ※ ↓ イワカワシジミ
f0083281_23333264.jpg

                  ※ ↓ ウスイロコノマチョウ
f0083281_23342435.jpg

                  ※ ↓ リュウキュウハグロトンボ♀
f0083281_23352241.jpg

                  ※ ↓ フタオチョウ
f0083281_033726.jpg

f0083281_2336522.jpg

                  ※ ↓ リュウキュウウラボシシジミ
f0083281_23391963.jpg

                  ※ ↓ ミカドアゲハ
f0083281_09073.jpg

f0083281_091835.jpg

※上記の他にみかけた蝶
シロオビアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、モンシロチョウ、ムラサキシジミ、オオゴマダラ、アサギマダラ、テングチョウ、ツマグロヒョウモン、アカタテハ、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、イシガケチョウ、コノハチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、オキナワビロードセセリ。
[PR]
by mhidehide | 2012-03-26 23:42 |
<< シロオビアゲハⅡ型の個体変異か... 遠路蝶仲間きたれども(撮影3月... >>