台風一過(8月10日撮影)

f0083281_15252479.jpg
 
 長時間吹き荒れた台風9号から解放されたフィールドへ蝶の姿を求めてTさんと散策した。
二日以上にわたる暴風雨が猛威を振った野山は、先の台風6号から回復した緑を又もや吹き飛ばし、葉を奪われた木々が痛々しい。暴風をまともにくらった山の斜面などは山肌が透けてみえるほどで荒涼たる風景である。吸蜜源のセンダングサやインパチェンスも風にやられて惨憺たるありさまで、蝶影も薄くさみしい限りである。
 初めに管理の行き届いた某公園へ出かけた。そこは前日「台風後とは思えぬほど、新鮮な蝶が見れた♪」というAさんからの情報があった場所である。
ところが、申し分なく咲いている花に群がる蝶に喜んだのもつかの間。カメラを向けてよくよくみれば翅が傷つき擦れた蝶ばかり・・・。Aさんが見た蝶はいずこへ? 心中、台風の中を生き延びた蝶を讃えながらも、そこに長くとどまることは出来ず、コノハのポイントへ移動した。
前回みかけたチュラコノハにこそ会えなかったものの、コノハに限れば概して損傷は少なかったようで個体数にもさほどの減少はみられず一安心。例のごとく撮影を楽しんだ。午後は他のポイントをまわったが、そこは風当りが強かったとみえ、定番のスミナガシは1頭もあらわれなかった。帰り際、1頭の翅の擦れたフタオが梢でテリハリをしている雄姿を撮ることが出来たのが救いである。
             ※ ↓ オキナワビロードセセリ
f0083281_15264829.jpg

             ※ ↓ リュウキュウアサギマダラ
f0083281_15282119.jpg

f0083281_15295739.jpg

             ※ ↓ ナミエシロチョウ♀
f0083281_15322690.jpg

             ※ ↓ ナミエシロチョウ♂
f0083281_15332236.jpg

             ※ ↓ ツマベニチョウ♂とナミエシロ♂
f0083281_1534587.jpg

             ※ ↓ リュウキュウムラサキ
f0083281_15361660.jpg

f0083281_15363735.jpg

※ ↓ Tさんの肘にとまったリュウキュウムラサキ
f0083281_1537429.jpg

             ※ ↓ ムラサキツバメ☆初撮り♪
f0083281_1539111.jpg

             ※ ↓ コノハチョウ
f0083281_15402269.jpg

f0083281_15405331.jpg

f0083281_15412119.jpg

             ※ ↓ アオタテハモドキ♀~♂
f0083281_154230100.jpg

f0083281_1657560.jpg

             ※ ↓ ナガサキアゲハ♀
f0083281_15431598.jpg

             ※ ↓ ジャコウアゲハ&シロオビアゲハ
f0083281_15445976.jpg

             ※ ↓ フタオチョウ♂
f0083281_1613689.jpg

※上記の他に見かけた蝶
ベニモンアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ウスキシロチョウ、キチョウ、アマミウラナミシジミ、ヤマトシジミ、クロマダラソテツシジミ、カバマダラ、テングチョウ、ツマグロヒョウモン、タテハモドキ、アカタテハ、リュウキュウミスジ、ルリタテハ、イシガケチョウ、ウスイロコノマチョウ。
[PR]
by mhidehide | 2011-08-12 15:28 |
<< リュウキュウウラボシシジミ(1... 翅裏も美しいコノハチョウ(8月... >>