「ほっ」と。キャンペーン

ハナグモ

山の下り道で偶然に目にした奇妙なミツバチの姿・・・よくみるとクモに捕らわれていた!
f0083281_21365557.jpg

f0083281_21562638.jpg花のまわりに小さなクモがいるのはこれまでにもみかけたことがある。小さな虫でも待っているのだろうと思っていた。しかし、目の前の様子をみると、クモは自分より大きく、力もありそうなミツバチをしっかり捕らえている。
ミツバチは急所を咬まれたのか或いは毒にでもやられたのか動かない。
クモが下手に噛み付いていたら、ハチはクモを振り払っていただろう。
たとえ、喰いつかれたままでも、ハチの力ならクモごと飛び上がったはずである。
毒針で応酬することもできぬまま、一瞬のうちに天敵にやられたとしか思えない。
ファーブルの昆虫記さながらのドラマを目のあたりにして、自然界の不思議にしばし興奮した。
[PR]
by mhidehide | 2006-04-05 21:58 |
<< イシガケチョウ セセリ蝶賛歌 >>