「ほっ」と。キャンペーン

アメニモマケズ(8月8日撮影)

f0083281_13315434.jpg
 
 このごろ不安定な空模様が続いている。天気予報がてんで当てにならず、前日の予報が翌朝には丸ごと修正されたり、ハズレたり・・・。
舌を巻いてしまうほどに時間帯ごとドンピシャ・予報の場合は《天候は気象台が管理してるの?》と思いたくなるほどだが、こうもハズレルと不振時のイチローみたいで・・なんとも言いがたいものが・・・。
この日はTさんと約束していたのだが、空模様があやしいため、同行を断念した。彼は中部の近場に出かけると言う。
前日、Aさんからのメールで《スミナガシ数頭とルリタテハ・キンカメムシの樹液吸汁シーン》を見せつけられ、《そこにはフタオも来ていた》という情報を得たことも聞いていたので、私としても、晴れ間に一人で出かけるつもりでいた。
9:30頃、日差しもあり、晴れ間になりそうな気配だったので、昨日、Aさんが撮影したポイントへ向かった。
着いた途端に雨が降り出した。車内でしばらく待っているとTさんからメール。なんでも、雨雲レーダーによれば、私の出かけたポイントは1pm~4pmは雲が切れて晴れ間になるとの予報らしい。
雨もしばらく止みそうに無いので一旦引き上げることにしたが、山を降りると小雨に変わった。山のほうをみればやはり小降りになっている。引きかえしてポイントで晴れるのを待つことにした。車内で弁当を開き、ラジオを聴きながら過ごした。予報どうり、1pm前から雨は止み撮影可能な状態☆
しかし、晴れ間が長く続くことは無く、小一時間ほどで降ったり止んだりの繰り返しであった。
樹液パーティーのポイントは、傾斜になっている場所で下草が腰の丈ほど生い茂っている。目的の木を目前にして不覚にも足を滑らせ、蝶の群がっている前でこけてしまった!数頭はいたと思われるスミナガシの4頭ぐらいが木から飛び跳ねるように逃げてしまい、残ったのはスミナガシ2頭にルリタテハ3頭、それに10数頭のナナホシキンカメムシばかり。
その後も二度ほど、立ち寄ってみたがスミナガシはそれ以上に増えることはなかった。
   ※ ↓ スミナガシ&ナナホシキンカメムシ
f0083281_12405621.jpg

f0083281_12413491.jpg

                                       ※ ↓ ウスキシロチョウ
f0083281_12421968.jpg

                                       ※ ↓ ツマベニチョウ

f0083281_1454466.jpg

f0083281_12431567.jpg

f0083281_12442694.jpg

f0083281_12454144.jpg

                                       ※フタオチョウ
f0083281_1247454.jpg

                                       ※オオシロモンセセリ
f0083281_12475550.jpg

f0083281_12483589.jpg

※上記の他に見かけた蝶
アゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、キチョウ、ウラナミシロチョウ、アマミウラナミシジミ、オオゴマダラ、ツマムラサキマダラ、リュウキュウアサギマダラ、リュウキュウムラサキ、ツマグロヒョウモン、ルリタテハ、イシガケチョウ、リュウキュウヒメジャノメ、アオバセセリ、
[PR]
by mhidehide | 2010-08-09 12:48 |
<< アオバセセリ開翅、スミナガシ♀... 再会☆ナガサキアゲハ♀有尾型!... >>