熱射のなかで蝶撮影(7月14日撮影)

f0083281_19465451.jpg
 
 夏本番、当日の最高気温32℃。曇りがちな一日でまだしもというところであったが猛暑には変わりない。
Tさんと共に数箇所のポイントをまわった。室内ではクーラーなしでは済まされないところだが、野外、かつ楽しい蝶探索ともなれば腹をくくって敢然と?猛暑に突入するのみ!(笑)
岩場の山腹、容赦なく照りつける日差しに晒された草原、小高い丘の上り下り、民家の生垣の周りをウロツク怪しげな二人の男・・・汗だくで、ひたすら蝶を追いまくった。500ml入りの水やドリンクを数本以上飲み干し、ときおり木陰に避難して平静をとりもどしながらの撮影である。これが趣味でなければ苦行としか言いいようがないのでは?と思われた。
先日、Tさんが探索したおりには蝶影が薄く、はや夏枯れ?と思ったほどであったようだが、この日はシロオビⅠ、Ⅱ型20頭以上が集団吸蜜をしているシーンが2箇所もあり、他にアオタテハモドキやスミナガシの集団に遭遇した。
スミナガシにいたっては10数頭がテリ争いの狂気乱舞状態。ほとんど静止する間もない状態で、私はボケ画像しか撮れなかった。まさに《過ぎたるは及ばざるが如し》である。多すぎて撮れなかったというのは初めての経験であり、Tさんと二人で苦笑するばかりであった。
それでも、今年初のリュウキュウムラサキにも会え、成果の多い◎の一日を終えた。
                                        ※ツマベニチョウ↓ 
f0083281_1946103.jpg

                                        ※ウスキシロチョウ↓
f0083281_19475291.jpg

                                        ※シロオビアゲハⅡ型↓
f0083281_2042834.jpg

f0083281_19484295.jpg

                                        ※アオタテハモドキ↓
f0083281_19505363.jpg
 
f0083281_19513934.jpg

f0083281_19522215.jpg

f0083281_1953459.jpg

                                        ※ショウジョウトンボ♀?↓
f0083281_22332153.jpg

                                        ※モンキチョウ↓
f0083281_19534457.jpg

                                        ※リュウキュウムラサキ↓
f0083281_1954267.jpg

f0083281_1955593.jpg

f0083281_19554831.jpg

                                        ※ノボタン↓
f0083281_19564244.jpg

※上記のほか本日見た蝶
アオスジアゲハ、オキナワカラスアゲハ、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、アゲハ、ウスイロコノマチョウ、ルリタテハ、スミナガシ、コノハチョウ、アカタテハ、イシガケチョウ、クロマダラソテツシジミ、アマミウラナミシジミ、バナナセセリ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、リュウキュウアサギマダラ、リュウキュウミスジ、
[PR]
by mhidehide | 2010-07-15 19:43 |
<< 魅惑のアオバセセリ(7月21日撮影) フタオチョウ(2化)・6月20日撮影 >>