フタオチョウ(2化)・6月20日撮影

f0083281_2317094.jpg

今年もフタオの最盛期がやってきた。とはいえ、どうやら今年は発生が少ないように思える。
今日はT師匠とRさん、それに彼女の友人のOさんとポイントへへ駆けつけたものの、去年までなら楽勝で撮れたフタオが今年はなかなか顔をみせない。
もっとも、天気予報がハズレ、ポイント周辺は曇天で風もかなりあり、フタオ出現にとっては条件が悪すぎるということもあろう。フタオは明るい日差しのもとで飛び回るのが大好きな蝶さんなのだ。
フタオの動きが活発になる昼前まで、ちかくのポイントを散策することにした。そこでも、いつになく蝶影は少ない。それでも、イワカワシジミや迷蝶のタイワンアサギマダラに会えたのはラッキーだった。小一時間ほどで、最初のポイントへもどったものの二、三頭のフタオが梢でテリハリをしたり、一瞬の飛翔をみせるくらいでなかなかシャッターチャンスがない。
RさんとOさんの二人は昼から所用があり別れた。Tさんと私は、昼食を済ませて後、最近フタオ目撃情報の多い近くの森へ移動。着いてまもなく、フタオが数頭、飛翔中。おまけに、ここはフタオのポイントとさほど離れてないのに、やたら日当たりがいい!間違いなく撮れそうな予感!♪早速、トラップを仕掛けた。
1時間ほど経過したころ、トラップ周辺にフタオが寄ってくるようになった。けれども、トラップには降りてくれない。周辺の木の枝にしばしば休憩したりといった状況である。フタオは高所で休憩するのが多く、撮影には苦労した。そのうち、ようやくトラップに降りてくる蝶もあらわれ、終わってみればかなり満足な成果となった。
                                          ※タイワンアサギマダラ↓
f0083281_23382950.jpg

                                          ※キチョウ↓
f0083281_23231713.jpg

                                          ※カマキリvsアブラゼミ↓
f0083281_23183145.jpg

                                          ※フタオチョウ↓                
f0083281_2324586.jpg

f0083281_23254656.jpg

f0083281_23271282.jpg
 
f0083281_23275771.jpg

f0083281_2328336.jpg

f0083281_23373915.jpg

※上記のほか本日みかけた蝶
ツマグロヒョウモン、アマミウラナミシジミ、イワカワシジミ、オキナワビロードセセリ、ツマムラサキマダラ、クロマダラソテツシジミ、ルリタテハ、シロオビアゲハ、リュウキュウミスジ、リュウキュウアサギマダラ、ウスキシロチョウ、
[PR]
by mhidehide | 2010-06-21 23:06 |
<< 熱射のなかで蝶撮影(7月14日撮影) 久しぶりに蝶を堪能(6月1日・撮影) >>