1化のフタオがトラップに来た!(3月20~21日撮影)

 このタイトルで、フタオの写真を掲載できないのは面目ない話だが、「1化のフタオはトラップに来ない。」というジンクスが打ち破られたことをお知らせするために敢えて、このタイトルにしました。
3連休を利用して初めて沖縄本島に来たLさんご一家と2日間ご一緒した。
「ダメモトでフタオにチャレンジしたい」というLさんの熱意に感じて、通称フタオが丘へ。これまで、2化のフタオは容易に撮れたものの、1化となると発生数が少ないうえに「トラップには来ない」というジンクスがある。
それでも昨年、ボロイ1化のフタオがトラップにきたことがあるので、なんとなくうまくいきそうな気がしていた。
Lさん一家は10時・空港着予定なので、私は早めにフタオが丘でトラップを仕掛け、待つことにした。
1時間ほど経った頃Lさんらと合流。天気は晴れだが中国からの黄砂のせいで明るい曇天のような具合である。日差しが和らいでいる分、写真をとるにはいいもしれない。気温も22℃くらいで申し分ない。
そのうち2~3のフタオが飛翔を開始。Lさんご夫妻と娘さんは歓声を上げて喜んでいる。
しかし、1時間以上経ってもフタオは降りてこない。偶のテリハリは、これまた高い梢の上で葉に隠れていたりでシャッターチャンスが無い。それでも一度だけ姿が見える位置でテリハリしたのをLさんがGETした♪私のカメラでは射程外で撮れなかった。
昼前に、一旦フタオが丘を離れ、他のポイントへ移動。夏場ならリュウアサやツマムラ等で賑わうフィールドだが、この日蝶は少なく、シロオビ、リュウキュウミスジ、ナガサキ♂やセセリ類などがチラホラとんでいるだけだった。
再び、フタオが丘へもどり、木陰で昼食。
その後も、フタオは飛翔ばかりで一向に降りてこず、諦めムードが漂う3時過ぎ・・・突然「フタオ来ました~ッ!」というLさんの声♪
潅木やススキの間を縫ってLさんの元へ駆けつけると、一足遅し!・・・フタオは飛び去った後だった。
それでもLさんは1化フタオの閉開翅の撮影に見事成功しており、みんなで我がことの様に大喜び☆
2日目は、新発見のポイントへ。オキパラ(オキナワカラスアゲハのパラダイス)の名に違わず、この日もオキカラを十分に堪能した。その後、コノハのポイントへ移動し、擦れた個体ながら数頭のコノハに会えた。

☆☆フタオ1化の画像はLさんのブログでご覧ください☆http://lycaenidae.exblog.jp/ 右欄・エキサイトブログ・リンク先→

                                       ※↓ツマグロヒョウモン♂
f0083281_13555422.jpg

                                       ※↓イシガケチョウ
f0083281_1357465.jpg

                                       ※↓オキナワカラスアゲハ♂
f0083281_135931.jpg

                                       ※↓オキナワカラスアゲハ♀  
f0083281_1401498.jpg

f0083281_1404749.jpg

                                       ※↓コノハチョウ
f0083281_1414542.jpg

※上記の他に見かけた蝶
シロオビアゲハ、ヤマトシジミ、ナミアゲハ、リュウキュウヒメジャノメ、アマミウラナミシジミ、キチョウ、ナガサキアゲハ♂、チャバネセセリ、アオスジアゲハ、モンキアゲハ、ジャコウアゲハ、ウスイロコノマチョウ、クロセセリ、ルリタテハ、アカタテハ、

☆※追記 同じくこのブログにリンクしている《ケロケロの散歩道http://oyamama-okinawa.ameblo.jp/》のOYAMAMAさんもフタオ1化をGETされています。おめでとうございます。☆
[PR]
by mhidehide | 2010-03-23 12:26 |
<< 4・25県民大会(4月25日撮影) ☆再びオキナワカラスアゲハのポ... >>