「ほっ」と。キャンペーン

初めてのフィールド

                                   ※名も知らぬ小さな花↓(ニワゼキショウと判明)
f0083281_2341468.jpg
 
 那覇などから蝶仲間がつどい、久しぶりの撮影会。やんばるのフィールド巡りの際は私宅が出発場所になることが多く、今朝も3名の仲間と私宅で合流し、張り切って出発した。
最初のポイントは、仲間うちで《隊長》と称されているAさんが先日遠征したフィールドである。彼女は何度かそこを遠征したということだが、皆で出かけるのは今日が初めてである。
先日は、かなりの数のコノハやナミエシロチョウが見られたということであったが、今日はナミエはチラホラ見かける程度で、新鮮な個体も少ない。隊長も「二、三日で様子がこんなにも違うなんて・・」とため息をついていた。
それでも、コノハのほうは10頭ほどみられ、何枚か撮影することができた。そこでは、更にウスイロコノマチョウの季節型の違う翅を同時に撮ることができたのが特筆ものであった。
昼になり、涼しい木陰で食事中も二、三頭のコノハがあたりを飛翔していた。食後は隣村へ場所を移動することにしたが途中、立ち寄ったところでTさんが飛翔中のフタオを発見!ゆびさす方を見ると間違いなくフタオである。撮影は出来なかったものの、例年なら6月にしか見れない2化?を5月になったばかりの今の時期に見かけたことに一同、複雑な思いであった。
 次のポイント入り口では、ハイビスカスを訪れるアゲハ類が1頭も見当たらない。更にリュウアサやツマムラで賑わう道路沿いのセンダングサも花だけが風に揺れている状態である。《シーズン未だ》という印象であった。そこではトラップを仕掛けてみたがフタオは現れず、数種の普通種を撮影して終わった。
                                    ※ルリタテハ↓ 
f0083281_23424922.jpg

                                    ※コノハチョウ↓
f0083281_2345731.jpg

                                    ※ウスイロコノマチョウ↓
f0083281_23462523.jpg

                                    ※コートダジュール(ノボタン科)↓
f0083281_2348838.jpg

                                    ※ヤマトシジミ↓
f0083281_2349789.jpg

                                    ※ウラナミシジミの交尾↓
f0083281_23502512.jpg

                                    ※ナナホシキンカメムシ↓
f0083281_23512615.jpg


※上記の他に本日みかけた蝶:ウラナミシロチョウ♂♀、ナガサキアゲハ♂♀、ジャコウアゲハ、クロボシセセリ、タイワンクロボシシジミ、ムラサキシジミ、ツマグロヒョウモン♂♀、シロオビアゲハ、フタオチョウ、リュウキュウアサギマダラ、リュウキュウヒメジャノメ、
キチョウ、モンシロチョウ、アオタテハモドキ、ツマベニチョウ、アオスジアゲハ、
[PR]
by mhidehide | 2009-05-03 23:58 |
<< 朝の花たち 久しぶりの晴天(4月15日撮影) >>