久しぶりの晴天(4月15日撮影)

                                     ※庭のフトモモの花↓
f0083281_2310135.jpg

 南国沖縄といえば、太陽が照りつける青空と青い海のイメージを彷彿させるところであるが、意外なことに他県に比べ、年間の日照時間が少ないようである。今年に限ってみても今のところ、この傾向は例年以上に強くなっているように思われる。
3月は、雨天や曇天が多く、気温も低めであったが4月になっても晴れの日は数えるほどしかない。このまま梅雨に入ってしまいそうで気がかりである。一部の農作物では成長に支障をきたしているという話も聞く。
 それでも、この日は久しぶりの晴天。空気も爽やかで青空が輝いていた。翌日からは、また崩れる予報なので、一人で近場のフィールドへ出かけた。日中は24℃まで上がり、照りつける日差しで夏のような一日であった。
 けれども蝶の数は少なく、いつもは随所でみられるシロオビアゲハやナガサキアゲハ♂などもチラホラ見かける程度である。希少種や迷蝶などは端から期待できそうにもないので、カメラの前に現れてくれる普通種を楽しむことにした。
日差しを避けて、ゆっくり散策しているつもりでも、汗は絶えまなくふきだしてくる。暑さに加え、ヤブ蚊の多いところでは撮影に集中することもできず、早々に場所を移動したりで、虫除けスプレーを用意してなかったのが悔やまれた。
撮った蝶は、いずれも普通種で、これまで何度となく撮った蝶ばかりではあったが、カメラを構え、シャッターを切る瞬間の緊張と、撮れたときの喜びは変わらない。
撮るまでに何度も逃げられながら、根気よく追いかけて撮った途端、それまでの警戒心を捨ててしまったかのようにいつまでもとどまっている蝶がいるのはどうしたことだろう(笑)
前回よりは新鮮な蝶が増え、端境期が終わりに近づいているような印象を受けた。

◎蝶友のAさんから「ナミエシロチョウとウラナミシロチョウを取り違えて表記してます」との指摘がありましたので訂正し、お詫びいたします。両者を識別できない訳ではないのですが、オトシゴロのせいでうっかりしてました。
たまに・・・息子や孫の名前を・・犬の名前と混同することもあります(汗)、Aさん謝々☆またの時も宜しく!
                                    ※出かける前に庭でみたツマグロヒョウモン♀↓
f0083281_23492372.jpg

                                    ※リュウキュウヒメジャノメ↓
f0083281_23153442.jpg

                                    ※モンシロチョウ↓
f0083281_23191622.jpg

                                    ※フィールド周辺↓
f0083281_2320565.jpg

                                    ※シロオビアゲハ↓
f0083281_232159.jpg

f0083281_23213775.jpg

f0083281_2322178.jpg

f0083281_23224527.jpg

                                    ※イシガケチョウ↓
f0083281_23234075.jpg

                                    ※ナミエシロチョウ♀↓
f0083281_23253222.jpg

                                    ※ナミエシロチョウ♂↓
f0083281_2325011.jpg

f0083281_23253056.jpg

                                    ※アカタテハ↓
f0083281_23292532.jpg

f0083281_23294720.jpg

                                    ※アオタテハモドキ↓
f0083281_23303491.jpg

※上記のほか見かけた蝶:ナガサキアゲハ♂・♀、ジャコウアゲハ、ツマベニチョウ、コノハチョウ、リュウキュウミスジ、ウスイロコノマチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、キチョウ、アオスジアゲハ、ルリタテハ
[PR]
by mhidehide | 2009-04-17 23:34 |
<< 初めてのフィールド 1化のフタオ >>