「ほっ」と。キャンペーン

1化のフタオ


f0083281_22403343.jpg
 
 前回のブログ更新後、雨天が多く撮影の機会に恵まれないため心も屡、曇りがちであった(^^;
今日は、久しぶりに那覇などから蝶仲間が集い、4名でやんばるのポイントをまわった。明るい青空の下、初夏のような天気に恵まれ心も浮き立つ幸せな一日である。
まずは、いつもの弁当屋で美味しい弁当を買い求め、コノハチョウのポイントへ向かった。
ところが、上天気とは裏腹に、蝶影のほうはサッパリである。出発前に「端境期なんで、あんまり期待はできないかも・・・」と言ったTさんも「こんなに少ないなんて・・・」と絶句せんばかり。普通種でもチラホラ見かける程度であり、アサギマダラ・ツマグロヒョウモン・モンシロチョウ以外は摩れたボロイ翅の蝶ばかりである。それでも、コノハのポイントでは、数頭のコノハが現れてくれた。
 昼前に場所を変えて次のポイントへ。そこは、蝶影の多いことで本土でも知られているというポイントである。着いてすぐにTさんがフタオの飛翔を目撃。幸先よし♪と喜び、早速トラップを仕掛け、公園の東屋で弁当を開いた。食事を済ませ、公園や近くの林道を散策したが、ここでも蝶は少ない。いつもはナガサキアゲハの群がるハイビスカスにも蝶の姿は見えないという異常事態であった。
コノハチョウだけは何故か、ここでも数頭以上が飛んでいた。お約束のスミナガシのポイントでもチラッと顔を見せてくれただけで、梢などにお高くとまってナカナカ撮らせてくれない。ひとしきり散策しても目ぼしい成果もないままに時間だけが虚しく過ぎるばかりであった。3時半を過ぎ、これ以上とどまっていても成果が期待できそうにもないのでトラップを回収することにした。
「こんな日もあるサ・・」と重い足取りで公園を一巡し、最後のトラップに差し掛かった時のことである。
ナントなんと!・・・マサカまさかのドラマチックな展開が!
「フタオが来てます!」とTさんが指差す方向を見て一同、歓声を上げた♪
・・・そこには神々しい?ばかりのオーラを放ちながら、トラップのお食事に夢中なフタオさまのお姿が!端境期の摩れた翅であってもサスガにフタオはフタオ!ボロは着ててもオカシガタイ風格を漂わせている。
一同、興奮しながら徐々にフタオに近づき、心ゆくまでシャッターを切りまくった。
今日一日の疲れもフタオの出現で、たちまちのうちに霧消し、9回、ツーアウトから逆転ホームランで勝利を勝ち取った時のような痛快な気分のままに帰途についたのである☆
                                          ※アカタテハ↓
f0083281_22402562.jpg

                                          ※コノハチョウ↓
f0083281_22421283.jpg

f0083281_23122413.jpg

f0083281_22451964.jpg

                                          ※ツマグロヒョウモン↓
f0083281_22451820.jpg

                                          ※フタオチョウ↓
f0083281_22462133.jpg

f0083281_22464695.jpg

※上記の他に本日みた蝶
ナガサキアゲハ、シロオビアゲハ、モンキアゲハ、ジャコウアゲハ、アオスジアゲハ、オキナワカラスアゲハ、アサギマダラ、リュウキュウアサギマダラ、ツマベニチョウ、モンシロチョウ、ツマグロヒョウモン♀、イシガケチョウ、ムラサキシジミ、スミナガシ、ウスイロコノマチョウ、クロセセリ、リュウキュウヒメジャノメ、リュウキュウミスジ。
[PR]
by mhidehide | 2009-04-04 22:38 |
<< 久しぶりの晴天(4月15日撮影) ミカドアゲハほか >>